かぎ針編み「リング編みがポイントのミニバッグ」の編み方

かぎ針編み「リング編みがポイントのミニバッグ」の編み方バッグ

そろそろ秋冬用のバッグが欲しいので、デザインの試作を兼ねて、ミニバッグを数個編みたいと思います。夏に使いやすかったので、バッグの形は四角いトートバッグに限定します。

最初の1個めは、リング編みの模様をポイントにして編みました。

ハロウィンが近いので、ハロウィンカラーを使ってバッグを編めば、お菓子のプレゼント用にも使えそうです。アメ3個、マシュマロ2個、クッキー1個を入れても余裕がありました。ミニバッグシリーズは子供たちに好評なので、プレゼントにおススメです♪編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸(1束8m)・・・5束、かぎ針 3号、縫い針

※ダイソー刺繍糸を使って編んでいます。5束ほぼ使い切りました。

 

2.編み方

1.底を編む

「鎖編み」20目の作り目から編みはじめ、目数の増減なしで「細編み」を8段編みます。

9段めは、底の編地をグルリと1周拾いながら「細編み」で編みます。角は「細編み」→「鎖編み」→「細編み」を編み入れてください。編み終わった目数は全部で60目(上下20目×2+左右8段×2+角4目=60目)になります。

底の大きさは 横 約8.5cm × 縦 約3.5cm です。

 

 

2.側面を編む

角の1目めに糸を付け、糸端を編みくるみながら、側面1段めは底の9段めの「細編み」の頭奥1本を拾って、増減無しで「細編み」を編みます。角は「鎖編み」の半目と裏山を拾って「細編み」を編み入れてください。

1周編み終わりました。

2段めは糸の色を変更して編みます。1段めの最後の「引き抜き編み」を編む時に、糸の色を変更してください。2段めは立ち上がりの「鎖編み」2目を編んだ後、1段めの「細編み」の頭奥1本を拾って「中長編み」を編みます。

同様に編み糸を持ち替えながら、紫色の糸で「細編みのすじ編み」→ピンク色の糸で「中長編みのすじ編み」を交互に編みます。全部で5段編んでください。6段めから糸の色を変更して、立ち上がりの「鎖編み」1目→「細編み」1目を編みます。

続けて指1本の「リング編み」を編みます。リング編みの編み方は以下のリンクを参考にしてください。

かぎ針編みの模様(その12)ーリング編みの編み方

7段めは「鎖編み」4目で立ち上がり、画像のようにかぎ針を入れてリングをすくいます。

すくったリングの中に「細編み」を3目編み入れます。

同様に繰り返して編みます。6段めのリングが59個あると思うので、3目ずつ拾っていくと、最後のリング模様はリングが2個の模様になります。 それに合わせて、リングの中に入れる「細編み」も2目にしてください。7段めの編み終わりは、立ち上がりの「鎖編み」4目めに「引き抜き編み」を編みます。

8段めは紫の糸で「細編み」を編み、9段めはピンク色の糸で「中長編みのすじ編み」、10段めを黄緑色の糸で「細編み」を編んで、編み終わりの処理をします。余分な糸端を処理して完成です!

持ち手を2つ編みます。「鎖編み」4目の作り目から編みはじめ、「細編み」→「長編み」を繰り返しながら全部で15段編みます。編みはじめと終わりの糸端は、後ほど持ち手を縫い付けるために使うので、30cm程度残しておいてください。持ち手の長さは、約10cm程度になります。

持ち手をバッグに縫い付けて完成です!

ミニバッグの大きさは、横 約8cm、縦 約5㎝、マチ 約4cm程度になります。

秋冬の毛糸で編んだら、リングの模様がふわふわになってより可愛いバッグになると思います。リング部分が透かしになるので、内布が見えるのもバッグのポイントになりそうです。

皆様もお好みの糸で編んでみてください。どなたかの参考にしていただけたら嬉しいです♪

 

タイトルとURLをコピーしました