刺繍糸でかぎ針編み「ひまわり」の編み方

刺繍糸でかぎ針編み「ひまわり」の編み方お花モチーフ

夏本番になってきました。日々を明るく過ごしたくて、刺繍糸を使ってかぎ針編みで「ひまわり」を編んでみました。明るい黄色に元気をもらえそうです。部屋に飾っても良いですし、ヘアピンやヘアゴムにするのもお勧めです。編み図と編み方をご紹介します。

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸(花の芯) ・・・約2m

刺繍糸(花びら) ・・・約4m

かぎ針 3号

※今回は以下の糸を使って編んでいきます。画像には入っていないのですが、葉を編む方は葉の糸も用意してください。2m程あれば大丈夫だと思います。

2.編み図

編み図をクリックしていただくと画像が大きくなります。「わ」に8目細編みの作り目から編み始め、2段目は細編みを16目編みます。3段目は2段目の細編みの足を拾って引き抜き編みと鎖編み2目を8回編み、糸をカットします。花びら用の糸を3段目の鎖目に付け、鎖編み3目と長編み5目のパプコーン編みで花びらを8回編んだら完成です。

ひまわりの編み図

3.編み方

1.ひまわりの芯を編む

「わ」の作り目に細編み8目の作り目から編み始め、2段目は8目増の16目細編みを編みます。

鎖目1目で立ち上がり、編地を裏返して前段の細編みの足にかぎ針を入れます。

そのまま針先に糸をかけて引き抜き編みを編み、続けて鎖編みを2目編みます。

続いて前段の細編みの足を1目飛ばして、3目めの細編みの足にかぎ針を入れます。

針先に糸をかけて引き抜き編みを編みます。これを全部で8回繰り返します。

編み終わりは3段目の立ち上がりの鎖目に引き抜き編みを編み、糸をカットして端をループに通し、糸端を引いてループを引き締めます。

芯を表から見たところです。編み始めと編み終わりの糸端は、編地の目立たない所に通して処理します。

2.ひまわりの花びらを編む

花びら用の糸に持ち替え、前段の鎖編みをすっぽりと拾って鎖編みを3目編みます。

続いて長編み5目のパプコーン編みを編んでいきます。糸端を編みくるみながら、長編みを5目編みます。

一度かぎ針をループから引き抜き、1目めの長編みの頭からかぎ針を通して、再びループを拾いなおします。

そのままループを引き抜き、鎖編みを1目編んで引き締めます。パプコーン編みが1目編めました。

続けて鎖編みを3目編みます。

前段の鎖編みをすっぽりと拾って引き抜き編みを編みます。花びらが1つ編めました。

2つめの花びらを編んでいきます。2つめの前段の鎖目をすっぽりと拾って引き抜き編みを編みます。

鎖編み3目を編んだ後、長編みを5目編み入れます。一度かぎ針を抜いて、長編みの1目めの頭にかぎ針を入れます。

再びループを拾って引き抜き、2つめのパプコーン編みを編みます。鎖編み1目で引き締め、鎖編み3目→引き抜き編みを編んで2つめの花びらの完成です。

以上を全部で8回繰り返し、花びらを8枚編みます。編み終わりは糸をカットしてループに通し、糸端を引いてループを引き締め、糸を目立たない所に処理して完成です。

ひまわりの裏側です。鎖目のほうが立体になってポコポコしているので、こちらを表にしても可愛いと思います。

ヘアピンに乗せてみました。ひまわりの直径は4㎝程になります。

もう1つは葉を付けてみました。鎖編み7目が2つの葉を編みました。

葉の画像付きの詳しい編み方は以下のリンクの「4.葉っぱを編む」を参考にしてください。

刺繍糸でかぎ針編み「朝顔のモチーフ」の編み方

ひまわりの裏に葉を縫い付けます。

葉の位置によって表情が変わるので、お好きな位置に縫い付けてください。

ふっくらした花の可愛い「ひまわり」が編めました。複数編んでカゴバックに付けても、良いアクセントになるかなと思います。皆さまも編んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました