かぎ針編みで編む「5角形の小物入れ」の作り方

かぎ針編みで編む「5角形の小物入れ」の作り方小物入れ

ハーブ染めをした糸を使って、これまで「シュシュ」と「がま口財布」を編み、残りの糸は20gとなりました。せっかくなので糸を使いきりたくて、今回は染める前の糸と組み合わせて「小物入れ」を編みました。

ハーブ染めの方法はこちらのリンクを参考にしてください。

初めてのハーブ染め「コットン100パーセントの糸を染めてみた」1日め

かわいい形の小物入れにしたくて、「五角形」になるように編んでみました。編み図と編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.材料

編み糸(ハーブ染め) ・・・約20g

(白)     ・・・約25g

かぎ針 5号、毛糸針

※以下がハーブ染めした糸の残りです。これを使って編んでいきます。

 

2.編み方

1.小物入れの底を編む

小物入れの底は、「わ」の中に5目の作り目から編み始め、毎段5目増をしながら「細編みのすじ編み」で15段編みます。

「わ」の増し目の方法は以下の編み図を参考にしてください。編み図をクリックしていただくと画像が大きくなります。

編み図は、作り目1目に対する各段数の増し目方法になります。今回は作り目が5目なので、編み図1段ごとの増し目を5回繰り返し編むことで、編地の1段となります。増し目が終わったら、最後の1段は増減無しで編みます。

編み終わったらスチームアイロンをあてて、編地をたいらにしてください。

 

スポンサーリンク

 

2.小物入れの側面(モチーフ)を編む

側面はモチーフを5枚編んでつなげています。以下の編み図を参考に、モチーフを5枚編んでください。

 

ハーブ染めの糸が3枚編んだ時点で無くなってしまったので、残り2枚は白い糸で編みました。

 

モチーフを引き抜き編みでつなぎます。お好みで配色してください。

モチーフを2枚かさねて糸を付けます。上下合わせて1目めにかぎ針を入れ、

針先に糸をかけて引き出します。

今度は糸をかけずに、かぎ針にかかっている手前のループを奥のループに引き抜きます。「引き抜き編み」が1目できました。

このまま編みつないでいきます。

同様に、すべてのモチーフを引き抜き編みで編みつなぎます。

 

3.小物入れの側面と底をつなげて編み、フチ編みをする

側面と同様に、底の各辺とモチーフ1枚を合わせて引き抜き編みでつなぎます。

上から見たところです。底は、あえて細編みのすじが出ている面を内側にしています。

こちらが横から見たところです。

続けてフチを編んでいきます。フチは「細編みのすじ編み」で編んでいきます。

モチーフのつなぎ目は「細編みのすじ編み2目一度」をして編んでください。

フチの写真を撮り忘れました。。「細編みのすじ編み」を続けて3段編み、最後の段は「バック細編み」で編みました。「バック細編み」の編み方は以下のリンク「3.編み方 3.バックの縁を編む」を参考にしてください。

刺繍糸でかぎ針編み「ミニボーダーバック」の作り方

 

スポンサーリンク

 

4.小物入れのフタを編む

フタはより「5角形」をきれいに出したかったので、底と編み方を変えました。

角のところで2目ずつ増し目をしています。「わ」の中に10目の作り目から編み始め、毎段10目増をしながら「細編みのすじ編み」で10段編みます。

以下の編み図を参考にしてください。編み図をクリックしていただくと画像が大きくなります。

 

編み図は、作り目2目に対する各段数の増し目方法になります。今回は作り目が10目なので、編み図1段ごとの増し目を5回繰り返し編むことで、編地の1段となります。増し目が終わったら、最後の1段は増減無しで編みます。

続けて、フタの側面を編んでいきます。側面1段めは、「細編みの引き上げ編み」で編んでいきます。立ち上がりの鎖目を1目編んだら、編地をかえして裏面が見えるようにします。今まで編み進めてきた方向とは逆側に編んでいきます。

11段めの細編みの足にかぎ針を入れ、

細編みを1目編み入れます。

そのまま増減無しで、11段目の細編みの足を拾いながら「細編み」を編みます。

側面の2段め以降は「細編みのすじ編み」を4段編みます。立ち上がりの鎖目を編んだら、編地をかえして今度は表面が見えるようにします。側面1段めとは、編み進める方向が逆になります。

全部で4段編んだら編み終わりの処理をして完成です。

 

側面から見たところです。

 

フタを開けるとこのようになっています。

 

洗濯ばさみを入れてみたらピッタリでした!洗濯ばさみ入れとして使おうと思います!

 

ハーブ染めの糸を全て使い切ってしまいました。とても楽しかったので、また機会を見て今度は違うハーブで糸を染めてみたいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました