かぎ針編みで編む「玉編み模様のがま口財布」の作り方

かぎ針編みで編む「玉編み模様のがま口財布」の作り方小物入れ

以前ハーブ染めをしたコットン100パーセントの糸を使って、前回は娘のリクエストに応えて「シュシュ」を編みましたが、今回は自分用に「がま口財布」を編んでみました。

ハーブ染めの方法はこちらのリンクを参考にしてください。

初めてのハーブ染め「コットン100パーセントの糸を染めてみた」1日め

せっかくのハーブ染めの糸なので、見るたびに癒されるようなやさしい雰囲気を出したくて、ふっくらとした形をイメージして編みました。なかなかお気に入りのお財布が出来ました♪大きいのでポーチとしても使えそうです。編み図と編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.材料

編み糸 ・・・約25g

内布  ・・・約30㎝×30㎝

がま口(縫い付けタイプ口金11㎝)、かぎ針 5号、縫い針、縫い糸

※以下のハーブ染めした糸を使って編んでいきます。がま口は縫い付けタイプの物をセリアで購入しました。内布は付けなくても大丈夫ですが、編地の隙間が気になる方は付けることをお勧めします。私は隙間から物が落ちるのが気になるので、内布付ける派です。

 

2.編み方

1.がま口財布の底を編む

がま口財布の底は、「わ」の中に6目の作り目から編み始め、毎段6目増をしながら「細編みのすじ編み」で14段編みます。

「わ」の増し目の方法は以下の編み図を参考にしてください。編み図をクリックしていただくと画像が大きくなります。

編み図は、作り目1目に対する各段数の増し目方法になります。今回は作り目が6目なので、編み図1段ごとの増し目を6回繰り返し編むことで、編地の1段となります。

 

14段めまで編み終わったら、お手持ちの口金に合わせてサイズを確認してください。サイズが合わない場合は、編み図を参考にしながら段を増減しつつ調節してください。

増し目が終わったら、最後の1段は増減無しで編みます。私は14段編んでサイズがちょうど良くなったので、15段目を増減無しで編みました。

 

2.がま口財布の側面(模様編み)を編む

がま口財布の側面模様編み部分を編んでいきます。模様は6目1模様になります。底部分は6の倍数で段の増し目をしたので、編んだ段数=模様の数になります。私は14段増し目をしているので、模様編みをセットで14回繰り返して編みました。編み図を参考に模様を繰り返しながら、全部で6段編んでください。

目の増減が無いので、段数はお好みで調節可能です。お好きな長さになるように編んでください。

 

3.がま口財布のフチを編む

口金に合わせてみたところ、予定よりも編地が大きくなってしまったので、フチは減らし目をして編地を縮めました。「細編み」で3段編んでいます。

減らし目の方法は上記の編み図を参考にしてください。

以上で編地の完成です!

 

スポンサーリンク

 

4.がま口財布の内布を付ける

内布の型紙を作ります。編地を4つ折りにし、紙にあてて型を取ります。

 

縫い代を1㎝程度残して切り抜きます。左右対称になるように、紙を中央から半分に折って切り抜きました。

 

型紙に合わせて布を4枚切り抜きます。

 

布4枚それぞれ端を縫って袋にし、縫い代をわります。まず2枚を合わせて片側を縫った物を2セット作り、最後に縫った2枚を合わせて半円状に縫うと、縫いやすいかと思います。私はミシンを使いましたが、手縫いでも大丈夫です。

 

続いて、布の上部を3つ折りにして編地と縫い合わせます。中表になるように合わせてください。

 

上から見たところです。編地の「すじ編み」の線が出ている面が見えるように、布と合わせてください。布は縫い代が内側になっています。

 

またまたミシンでグルリと縫い留めます。手縫いでも大丈夫です。

縫い終わったら、布が内側になるように表にかえします。

 

スポンサーリンク

 

5.がま口財布の口金を付ける

口金に合わせて、編地を押し込み仮止めします。金口の横と中央に、内布の縫い線がくるように合わせると、均等に付けれます。

 

太めの糸で半返し縫いで縫っていきます。口金の縫い方は現在修行中です。。

自己流ですが、数㎝縫った後布地を口金に押し込み、

表側から糸を引き締めていくと綺麗に出来る気がします。ご参考まで。。

 

がま口財布の完成です!

 

中身はこのようになっています。以前より少し綺麗に縫えた気がします。。日々成長です。

小銭を入れるだけではなく、リップクリームやアクセサリー、ヘアゴム等を入れるのにも使えそうです。皆さまも編んでみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました