かぎ針編みの模様(その1)ーよね編みの編み方

かぎ針編みの模様その1ーよね編みの編み方編み地コレクション

作品作りの参考資料として、かぎ針編みの編み地を集めています。編み地作りはかぎ針編み初心者さんの練習にもピッタリです。また、ドイリーやコースター、バックや靴下などにも応用出来るので参考にしてみてください。

第1弾は「よね編み」という編み方の編み地です。

 

スポンサーリンク

1.編み図

画像をクリックしていただくと編み図が大きくなります。

「鎖編み」の作り目から始めて、「細編み」と「鎖編み」を組み合わせて編みます。

 

2.編み方

1.鎖編みの作り目を10目作る

はじめに、「鎖編み」を10目編みます。実際に編み地を編むかぎ針より1号大きいかぎ針で作り目をすると、後々目を拾いやすいです。ここでは編み地を5号のかぎ針で編むので、作り目を6号のかぎ針で編んでいます。

ちなみに「鎖編み」を編む前の、最初の針にかける「わ」から作る目は、作り目のカウントに加えません。画像の→の箇所です。

「鎖編み」を10目編みました。

 

2.1段目を編む

作り目を10目編み終えたら、実際に編むかぎ針へ号数を変えます。

6号のかぎ針から5号のかぎ針へチェンジしました。5号のかぎ針で「鎖編み」を2目編みます。

続いて作り目を1つ飛ばして、2目めの裏山にかぎ針を入れます。画像の→の箇所です。

針先に糸をかけて引き出します。

さらに糸をかけてループを2つ引き抜き、「細編み」を1目編みます。

続けて、「鎖編み」1目→作り目を1つ飛ばして2目めに「細編み」1目を編みます。

以降同様に繰り返して編み進みます。

1段目が編み終わりました。ここから、わかりやすいように糸の色を変更して編んでいきます。

 

スポンサーリンク

 

3.2段目を編む

「鎖編み」2目を編みます。画像の→の箇所に「細編み」を編み入れていきます。

編地を裏返して、1段目の「鎖編み」1目にすっぽりとかぎ針を入れ、糸を引き出します。

さらに糸をかけてループを引き抜き、「細編み」を1目編みます。

その後、「鎖編み1目」→「前段の鎖目をすっぽりと拾って「細編み1目」」を繰り返し編んでいきます。1段目と2段目を見ると、「細編み」と「鎖編み」の位置が交互になります。

同様に繰り返し、全部で10段編みます。

模様がわかりやすいように、1段ずつ糸の色を変更して編みました。前段の鎖編みを拾うときに、細編みの足を同時に拾ってしまうと模様が崩れてしまうので、気を付けてください。

 

4.糸の始末をする

編み終わりの糸の始末の方法です。最後の目を大きめに引き出してかぎ針を抜き、端数センチ残して糸を切ります。切った糸の端を画像のようにループに通します。

そのまま糸端を引くと、処理の完了です。

参考までに、細編みだけの編み地とよね編みの編み地を比較してみました。同じかぎ針で同じ目数と段数を編んでいます。向かって右側が細編みだけの編み地です。

細編みの編み地は目が詰まっているので、しっかりと張りのある生地になる印象です。バックなどによく用いられます。

よね編みのほうが生地が柔らかくなるので、バックの紐や縁、コースターなどにも応用出来ます。参考にしてみてください。

 

追記:

・よね編みの技法を用いて「コースター」を編んでみました。

刺繍糸でかぎ針編み「よね編みのコースター」の編み方

刺繍糸でかぎ針編み「よね編みのコースター」の編み方

 

・よね編みの技法を用いて「ハンドジェルボトルのケース」を編んでみました。

刺繍糸でかぎ針編み「よね編みのハンドジェルケース」の編み方

刺繍糸でかぎ針編み「よね編みのハンドジェルボトルカバー」の編み方

 

タイトルとURLをコピーしました