かぎ針編みの模様(その2)ーネット編みの編み方

かぎ針編みの模様その2ーネット編みの編み方編み地コレクション

編み地コレクション第2弾は「ネット編み」です。「鎖編み」と「細編み」を組み合わせるとネットの様な編み地になります。ネット編みはバックやスヌード、ヘアバンド等に応用出来ます。編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.編み図

鎖編みの作り目から始めて、鎖編みと細編みを組み合わせて出来る編み地です。

ネットの鎖目数が3目の時は端の目は「中長編み」の目の高さになります。

ネットの鎖目数が7目の時は端の目は「長々編み」の目の高さになります。

鎖目数が大きくなるほどネットの大小が目立つようになるので、丁寧に編むようにしてください。

 

2.編み方

1.鎖り編みの作り目を11目作る

鎖目5目のネット編みなので、5の倍数+1=作り目の数になります。

編み地を編むかぎ針より1号大きいかぎ針で作り目をすると目を拾いやすいですが、ネット編みの場合、鎖目が大きい編地だと作り目が目立ってしまうので、実際に編む号数と同じ号数で作り目をしたほうが綺麗に仕上がります。お好みで選んでください。

ここでは編み地を3号のかぎ針で編むので、作り目を4号のかぎ針で編んでいます。

ちなみに画像の矢印の箇所、鎖編みを始める前の最初の針にかける輪から作る目は、作り目のカウントに加えません。

 

2.1段目を編む

作り目を11目編み終えたら、実際に編み進めるかぎ針へ号数を変えます。4号のかぎ針から3号のかぎ針へチェンジしました。

3号のかぎ針で立ち上がりの鎖編みを1目編みます。

続いて、鎖編みを表側から見て2目めの画像黄色部分、鎖編みを割って、半目と裏山の2本にかぎ針を入れます。

針先に糸をかけて引き出します。

さらに糸をかけて細編みを1目編みます。

続いて鎖編みを5目編みます。作り目を4目飛ばして、5目めの半目と裏山を拾って細編みを1目編みます。同様に2回繰り返します。

1段目が編み終わりました。

 

スポンサーリンク

 

3.2段目を編む

1段目の編み終わりから続けて鎖編みを5目編みます。

かぎ針を入れたまま編み地を反時計回りに裏返します。

続いて、1段目の鎖編み5目にすっぽりとかぎ針を入れて糸を引き出し、細編みを1目編みます。

もう一度鎖編み5目→細編み1目を繰り返します。端は鎖編み2目を編んだ後、長編み1目を1段目の細編みの頭(画像黄色部分)を拾って編みます。

かぎ針に糸をかけて、画像黄色箇所に針先を入れます。

針先に糸をかけて引き出します。

さらに針先に糸をかけて、手前2ループを引き抜きます。

さらに糸をかけて2ループを引き抜き、長編みの完成です。2段目が編み終わりました。

 

スポンサーリンク

 

4.3段目を編む

2段目と同様に、鎖編み1目で立ち上がった後、編み地を反時計回りに裏返し、長編みの頭を拾って細編み1目を編みます。

鎖編み5目→前段の鎖編み5目をすっぽりと拾って細編み1目を編みます。

続いて鎖編み5目を編んだ後、画像黄色箇所、前段の鎖編みの3目めの半目と裏山の2本を拾って細編み1目を編みます。

前段の鎖編みを表側から見て、針先で鎖目を割るように針先を入れて半目と裏山を拾います。

そのまま細編みを1目編み、3段目の完成です。

引き続き2段目の編み方→3段目の編み方を繰り返していきます。

ネット編みの編み地完成です。

 

縦にも横にも伸びる伸縮性のある生地が出来上がります。

鎖編み3目と5目と7目のネット編みの編地を比べてみました。

作り目を編んだかぎ針の号数は、3目と5目のネット編みは1号大きく、7目のネット編みは編地を編む号数と同じ大きさのかぎ針を使用しています。先ほども書きましたが、同じ号数のほうが綺麗に仕上がる感じがします。

作り目の数え方は

・鎖編み3目のネット編みの場合・・・3の倍数+1目

・鎖編み7目のネット編みの場合・・・7の倍数+1目

になります。作品作りの参考にしてみてください。

 

追記:

・ネット編みの技法を用いて「ヘアバンド」を編んでみました。

刺繍糸でかぎ針編み「ネット編みのヘアバンド」の編み方

 

・ネット編みの技法を用いて「ハンギングカバー」を編んでみました。

空きビン利用「ネット編みのハンギングカバー」の作り方

ジャムの空きビン再利用「ネット編みのハンギングカバー」の作り方

 

 

タイトルとURLをコピーしました