かぎ針編みの模様(その3)ー方眼編みの編み方

かぎ針編みの模様その3ー方眼編みの編み方編み地コレクション

第3弾は「方眼編み」という編み地をご紹介します。

「鎖編み」と「長編み」を組み合わせてマス目を作成し、マス目を「長編み」でうめることで模様を作ります。簡単な編み方の組み合わせで模様を描けるので、オリジナルの模様を作成するのにお勧めの編み方になります。

ランチマットやコースター、ドイリーなどに応用出来ます。今回はハートの模様を方眼編みで編んでみました。編み図と編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.編み図

画像をクリックしていただくと、編み図が大きく見えます。

「鎖編み」の作り目から始めて、「長編み」と「鎖編み」を組み合わせて編んでいきます。

 

2.編み方

1.鎖編みの作り目を22目作る

編み地を編むかぎ針より1号大きいかぎ針で作り目をすると目を拾いやすいです。ここでは編み地を3号のかぎ針で編むので、作り目を4号のかぎ針で編んでいます。

ちなみに鎖編みを始める前の、最初の針にかける「わ」から作る目は作り目のカウントに加えません。画像の→の箇所です。

 

2.1段めを編む

作り目を22目編み終えたら、実際に編み進めるかぎ針へ号数を変えます。

4号のかぎ針から3号のかぎ針へチェンジしました。3号のかぎ針で「鎖編み」5目を編みます。続いて作り目を3目飛ばして、4目めの裏山に針を入れ、長編みを1目編みます。

目の数え方ですが、かぎ針側から数えて①が「2段めの鎖編み2目」、②が「長編みの立ち上がりの鎖編み3目」、③が「台の目1目+作り目2目」、④が作り目の4目めになります。

作り目の4目めにかぎ針を入れて、「長編み」を編みます。

かぎ針に糸をかけて引き出し、

さらに糸をかけてループを2つ引き抜き、

さらに糸をかけてループを2つ引き抜きます。「長編み」が1目編めました。

続けて「鎖編み2目」→「作り目を2つ飛ばして3目めに「長編み1目」」を編みます。

2つ目の方眼が出来ました。繰り返して→の箇所に「長編み」を編み入れながら編み進め、1段目を編みます。

 

3.2段めを編む

1段目の編み終わりから続けて「鎖編み5目(立ち上がりの鎖編み3目+鎖編み2目)」を編みます。

編み地を反時計回りに回転し、1段目と同様に「鎖編み2目」→「前段の長編みの頭を拾って「長編み1目」」を繰り返し編み入れます。

方眼をうめる長編みは、前段の鎖編み2目をすっぽりと拾って「長編み2目」を編み入れます。3目めは前段の長編みの頭を拾って長編みを編み入れます。

端の長編みは前段の鎖目3目めの鎖半目と裏山(オレンジの線)の2本を拾って「長編み」を編みます。

2段目の完成です。

 

 

4.3段めを編む

編み図を見ながら方眼をうめる部分に「長編み」を編み入れていきます。黒丸の箇所は、前段の鎖編みをすっぽりと拾って長編みを編み入れています。

3段目が編めました。

続けて、編み図を参考に編み進めていくと「方眼編み」の完成です。

このままだと編み地が安定していないので、仕上げにスチームアイロンをあてます。

仕上がりのサイズを意識してアイロン台に細かく待ち針で留めます。アイロンを数センチ浮かせてスチームをあててください。このまま編み地が冷えるまで固定しておきます。

編み地が冷えたら待ち針を外して完成です!

長編みと鎖編みの調子を合わせて、方眼の形を整えるとより綺麗な仕上がりになります。意識して編んでみてください。

 

追記:

・方眼編みの技法を用いて「ボトルカバー」を編んでみました。

刺繍糸でかぎ針編み「十字模様方眼編みのボトルカバー」の編み方

刺繍糸でかぎ針編み「十字模様(方眼編み)のボトルカバー」の編み方

 

・方眼編みの技法を用いて「フリルモチーフ」を編んでみました。

「方眼編みでフリルモチーフ」の編み方

方眼編みで「フリルモチーフ」の編み方

 

タイトルとURLをコピーしました