かぎ針編みの模様(その10)ー七宝編みの編み方

かぎ針編みの模様その10ー七宝編みの編み方編み地コレクション

第10弾は「七宝編み(しっぽうあみ)」という編み方をご紹介します。

長く伸ばした「鎖編み目」に「細編み」を編み入れることで、七宝模様を作り出す技法です。ちなみに「七宝模様」とは同じ大きさの円を4分の1ずつ重ねて紡ぐ模様のことで、仏教では七宝(金・銀・瑠璃・玻璃・珊瑚・瑪瑙・しゃこ貝)を表すそうです。円満、調和、ご縁などの願いが込められた縁起の良い柄です。

編みあがりは「ネット編み」よりも伸び縮みしやすい編地になります。伸び縮みを利用してネットバックにしたり、布と組み合わせて七宝柄を目立つように仕立てても可愛いと思います。編み図と編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.編み図

作り目が無いので、最初から編み地を編む号数のかぎ針を使用します。

編み図のピンク色の編み記号が偶数段になります。鎖目を引き出す長さを、同じ長さに出来るように意識して編むと、綺麗な七宝柄になります。

 

2.編み方

1.1段めを編む

最初に「鎖編み」を1目編んだら、かぎ針にかかったループを長く引き出します。

今回は1つの編み目を1.5㎝位にしてみました。定規で毎回測るのは手間なので、ご自分の指の関節1つ分の長さにする等の目安を決めておくと、綺麗に編みやすいかと思います。

引き出した長さを保ったまま、針先に糸をかけてループを引き抜き、「鎖編み」を編みます。ゆるい編み目が出来ます。画像の→の箇所(黄色い線)が鎖目の裏山になります。

鎖目の裏山に針先を入れます。

針先に糸をかけて引き出します。

再び針先に糸をかけて、かぎ針にかかっている2つのループを引き抜き、「細編み」を1つ完成させます。続けて、かぎ針にかかったループを長く引き出します。

1つ目の模様と同じ長さになるように、糸を引き出してください。

引き出した糸の長さを保ったまま、「鎖編み」を編み、編んだ鎖目の裏山(画像の→の箇所(黄色い線))に針先を入れて、

糸を引き出します。

さらに糸をかけてループを引き抜き、「細編み」を編みます。「七宝編み目」が2つ編めました。

続けて、ループを長く引き出す→ゆるい「鎖編み」を編む→ゆるい「鎖編み」の裏山に針先を入れて「細編み」を編み入れる・・・を全部で6回繰り返して1段めを編みます。

 

スポンサーリンク

 

2.2段め以降を編む

2段めの編みはじめは、1段めをそのまま続けて「七宝編み」を2目編んでください。

「七宝編み」を2目編んだら、1段めの2目めの「細編み」の頭(画像の黄色い線の箇所)に針先を入れ、「細編み」を編みます。

編み目模様が4つ合わさって、1つの「わ」になります。

続けて「七宝編み」を2目編みます。先ほどと同様に、1段めの2目めの「細編み」の頭(画像の黄色い線の箇所)に「細編み」を編み入れます。

2つめの「わ」が出来ました。

さらに「七宝編み」を2目編みます。2段めの編み終わりは、最初に編んだ「鎖編み目」の半目と裏山(画像の黄色い線の箇所)に針先を入れ、「細編み」を編み入れます。

全部で「七宝編み」の「わ」が3つ編めました。

3段めは「鎖編み」を4目編んだ後、かぎ針にかかっているループを長く引き出して「七宝編み」を1目編みます。2段めと「わ」が交互になるように、前段の「七宝編み」1目めの「細編み」に3段めの「細編み」を編み入れます。

続けて、「七宝編み」を2目を編んだら、前段の「細編み」2目めに編み入れる・・・を繰り返します。

3段めの編み終わりは、1段めの「細編み」の頭(画像の黄色い線の箇所)に針先を入れ

「長々編み」を編み入れます。

4段めは立ち上がりの「鎖目」は必要ありません。前段の「長々編み」から続けて、「七宝編み」を編んでください。そのまま編み図通りに編むと「七宝編み」の編み地完成です。

丸い模様がとても可愛い編み地なので、バックやストール、ベストなどの編み地にもおススメです。ぜひ編んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました