かぎ針編みの模様(その5)ー巻き編みの編み方

かぎ針編みの模様その5ー巻き編みの編み方編み地コレクション

第5弾は「巻き編み」という編地をご紹介します。

巻き編みとは、かぎ針に糸を多く巻くことでコイル状の編み目を作り出す技法です。

あまり見かけない編み方で少しコツが必要ですが、ぽこっとして模様がとても可愛い編み地に仕上がります。バックやコサージュのデザインとしても応用出来ます。編み図と編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.編み図

鎖編みの作り目から始めて、1段目は作り目の裏山を拾って長編みを編み、2段目から模様編みを編んでいきます。

少し見にくいですが、5目を前段の頭1目に編み入れている編み記号の、中央3目が巻き編みになっています。

 

2.編み方

1.鎖編みの作り目から始め、長編みを1段編む

編み地を編むかぎ針より1号大きいかぎ針で作り目をすると目を拾いやすいです。ここでは編み地を3号のかぎ針で編むので、作り目を4号のかぎ針で編んでいます。

鎖編み11目を編み終えたら、かぎ針を3号に変更して1段目は「立ち上がりの鎖目3目」+「長編み10目」を編み入れます。

 

2.巻き編みを編む

「立ち上がりの鎖目3目」と「鎖目1目」を編み、「長編み」を前段の長編み2目めの頭に編み入れます。続けて3目飛ばして「長編み」を1目編み入れ、かぎ針へ糸を巻き付けます。

巻く回数は編み図に指定がある場合は、編み図の回数に従ってください。ここでは8回巻き付けています。

ポイントは糸をゆるめに巻くことです。きつくしてしまうと、後々かぎ針を通しずらくなってしまいます。

糸を巻いたまま、先ほど「長編み」を編み入れた目と同じ所にかぎ針を入れ、糸をかけて引き出します。

さらにかぎ針に糸をかけて、先ほど引き出したループと、かぎ針に巻いた糸を順に引き抜いていきます。

ここでポイントです。かぎ針にかかっている全部のループを、一度に引き抜くのは難しいので、「中長編み」を編むときのように、ループを1つずつ針先に通しつつ、さらに通した糸を指で抑えながら次のループへ針先を通していくと、スムーズに通すことが出来ます。

全てのループに糸を通したら、さらに針先に糸をかけて、もともとかぎ針にかかっていたループ2つを引き抜くと、「巻き編み」の完成です。

同様にかぎ針へ糸を8回巻き付け、先ほど「巻き編み」を編み入れた箇所と同じ前段の長編みの頭にかぎ針を入れ、糸を引き出します。

さらにかぎ針に糸をかけ、ループに針先を通していきます。

ループに糸を通し終えたら、さらにカギ針に糸をかけて引き抜きます。

4目めも同様に「巻き編み」を編み入れ、最後に「長編み」を編み入れたら模様編みが1つ出来ました。

仕上げに「長編み」を3目飛ばして4目めに「長編み」を1つ。「鎖編み」を1つ。前段の立ち上がりの鎖目3目めの半目と裏山2本を拾って「長編み」を編み入れたら完成です!

最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れたら編んでいて楽しい技法なので、ぜひ挑戦してみてください。

 

追記:

・巻き編みの技法を用いて「ピンクッション」を編んでみました。

刺繍糸でかぎ針編み「巻き編みモチーフのピンクッション」の編み方

 

・巻き編み?コイル編み?ロール巻き編み?呼び方を決め切れていませんが。。全て同じ編み方です。「ミニグラニーバッグ」を編んでみました。

刺繍糸でかぎ針編み「コイル編みのミニグラニーバッグ」の編み方

 

タイトルとURLをコピーしました