刺繍糸でかぎ針編み「巻き編みモチーフのピンクッション」の編み方

刺繍糸でかぎ針編み「巻き編みモチーフのピンクッション」の編み方雑貨

ハンドメイドを楽しんでいると、裁縫道具が増えてしまいまして。。。「ぬい針」「毛糸針」「まち針」「毛糸用まち針」と、針の種類も増えて来たので、作業中に分けて刺せるピンクッションが欲しいなと思い、ハート型のピンクッションを編んでみました。

巻き編みの技法を使ってモチーフを編み、ハート型につなぎました。モチーフの数を変更すれば形を変えられるので、みなさまもオリジナルのピンクッションを作ってみてください。編み図と編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸・・・6束 × 各8m

綿 適量、かぎ針 3号、とじ針

※以下のダイソーで購入した、1束約8mの刺繍糸を使って編んでいきます。画像の束を3色2本ずつ、計6本使いました。

 

2.編み図

編み図をクリックしていただくと、画像が大きくなります。

「わ」の中に8目の細編みで作り目を編み、2段めと3段めは編み図に従い模様編みを編みます。巻き編みは、かぎ針に8回糸をかけてください。

 

巻き編みモチーフの編み図

 

3.編み方

1.巻き編みのモチーフを編む

「巻き編み」の編み方は、以下のリンク「2.巻き編みを編む」を参考にしてください。

かぎ針編みの模様(その5)ー巻き編みの編み方

「わ」の中に8目「細編み」を編み入れ、糸端を引いて「わ」を引き締めます。編み図に従い、2段めの立ち上がりの「鎖編み」3目+「鎖編み」1目を編み、糸を巻く回数8回の「巻き編み」1目+「鎖編み」1目+「巻き編み」1目+「鎖編み」1目+「未完成の長編み」1目を編みます。

次に使用するピンク色の糸を針先にかけ、かぎ針にかかっているループを2つ引き抜き「長編み」を完成させます。

変更したピンク色の糸の糸端と、むらさきの編み糸を編みくるみながら、2目めの細編みの頭を拾って「長編み」を編みます。

続けて同じ目に、「鎖編み」1目+「未完成の長編み」を編み入れます。

編み糸を変更して「未完成の長編み」を完成させます。

そのままピンク色の糸を編みくるみながら、3目めの細編みの頭を拾って「長編み」を編み入れます。

同様に繰り返し、2段めを編みます。

同様に糸の色を変更しながら3段めも編み、最後は糸をカットしてかぎ針にかかっているループに2色の糸を通して引き締め、糸端を編地の目立たない所に通して処理し、モチーフを完成させます。

全部で6枚モチーフを編みます。

 

スポンサーリンク

 

2.モチーフをつなげてハート型にする

針に糸を通し、巻きかがりで閉じていきます。

はじめに、モチーフ2枚を合わせて、角の鎖目の内側1本に針を通します。この時、糸に玉結びは作らずに、糸端をある程度残しておいてください。同じ箇所にもう一度針を入れ、糸を引き締めます。

続けて2枚のモチーフの鎖目の内側1本ずつに針を入れて、巻きかがりで閉じていきます。

2枚のモチーフを縫い終わったら、3枚めは画像の黄色矢印の箇所に、矢印の方向へ巻きかがっていきます。

4枚めも同様に、黄色矢印の箇所へ巻きかがります。

次に、4枚めを編地の裏側へ重ねて、巻きかがります。

5枚めを黄色矢印の方向へ巻きかがります。

最後の6枚めを、黄色矢印の方向へ巻きかがります。

続けて、黄色矢印の方向へ周囲を巻きかがっていきます。

最後の方まで巻きかがったら、綿の入り口を開けて一度針を休ませます。

入り口から綿をつめます。

入り口を巻きかがって完成です!大きさは約10㎝×10㎝になります。

3箇所に分けて、3種類の針を刺してみました。とても使いやすくなりました♪

モチーフの組み合わせでバックやポーチ等も作れます。

みなさまもオリジナルの作品を楽しんでみてください。

タイトルとURLをコピーしました