かぎ針編み「コードクリップ」の編み方

かぎ針編み「コードクリップ」の編み方雑貨

先日イヤホン収納ケースを編んだのをきっかけに、今度はスマホやパソコンの充電コードをすっきりとまとめたいなと思い、コードクリップを編みました。少ない糸で短時間に編めるので、量産にもおススメです。編み図と編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸…約4m、ボタン(直径約1㎝)…1個、かぎ針3号、とじ針

※ダイソーで購入した刺繍糸を使って編んでいます。1束で2つクリップを作れます。

 

2.編み図と編み方

編み図をクリックしていただくと、画像が大きくなります。

「鎖編み」の作り目25目から編みはじめ、目数の増減無しで3段編みます。途中2段めで編んだ鎖目は、ボタンホールになります。

 

 

1.コードを編む

はじめに、作り目の「鎖編み」を25目編みます。1段めは、作り目の裏山を拾って「細編み」を編んでください。画像は1段めを編み終わった後の、2段めの「細編み」2目、「鎖編み」2目を編んだところです。鎖目を編んだあと、1段めの「細編み」を2目飛ばして3目め(画像の→の箇所)に「細編み」を編み入れます。

「細編み」を編みました。続けて10目「細編み」を編みます。

先ほどと同様に、「鎖編み」2目→前段の「細編み」を2目飛ばして「細編み」1目を3回繰り返し編みます。

2段めが編み終わりました。

3段めも目数の増減無しで「細編み」を編みますが、2段めの鎖目の部分は、かぎ針をすっぽりと入れて糸を引き出し、「細編み」を2目編み入れてください。

3段編み終わると、画像の〇の箇所にボタンホールが出来ます。編み終わりの糸は、編地の目立たないところに通してカットしてください。

 

スポンサーリンク

 

2.ボタンを付ける

1つめのボタンホールの箇所から、「細編み」3目め(約0.5㎝程)の箇所にボタンを縫い付けます。最終的に編地を2つ留めることになるので、ボタンの足として糸を10回程度グルグルと巻いて、厚みを出してください。

コードクリップ完成です。

仕上げにスチームアイロンをかけて、編地を整えました。紫色のコードクリップは試作段階で編んだ物で、最初はコードにクリップを巻いて縫い付ける予定だったので、ボタンホールの1つめを作りませんでした。編地を1枚留めるだけだったので、留め具はパールビーズにしています。

コードクリップを付ける時は、最初にボタンホールの1つめと、ボタンの間にコードを置き、留めます。

コードをまとめてコードクリップで巻き、ボタンホールで留めます。

長いコードをまとめるのに苦戦していたので、とても便利に使っています。ボタンの代わりに、お花のモチーフなどを使っても可愛いと思います。

読んでいただいてありがとうございました。どなたかの参考にしていただけたら嬉しいです。

 

タイトルとURLをコピーしました