ジャムの空きビン再利用「ネット編みのハンギングカバー」の作り方

空きビン利用「ネット編みのハンギングカバー」の作り方雑貨

ジャムの空き瓶を再利用する為に、吊り下げても使える「ハンギングカバー」を編んでみました。瓶の中が見えるように「ネット編み」の技法を用いて編んでいます。

ある程度の重さがあるので、使用する時はしっかりとしたフックにかけることをお勧めします。

皆さまもご自身の空き瓶サイズに合わせて編んでみてください。編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸(5束) ・・・各約8m

ジャムの空き瓶、かぎ針 3号

※私は以下のダイソーで購入した刺繍糸を使って編んでいます。画像には入っていませんが、途中糸が足りなくなったので1束加えています。

ジャムの空き瓶はアオ〇タ5〇の瓶を使用しました。瓶の形が独特なので、お手持ちの瓶と形が合わない場合は、お手持ちの瓶の形に合わせて編んでみてください。

 

2.編み方

以下編み図をクリックしていただくと画像が大きくなります。

1.ハンギングカバーの底を編む

カバー側面の中ほどは「鎖編み5目のネット編み」を編むので、側面の最終的な細編み目は5の倍数で終わるように編みます。

「わ」の中に編み入れる細編み目は、6目がより円に近いので、私は6目で作り目を編みましたが、お手持ちの瓶の形が違う場合(底と側面がまっすぐに繋がっている瓶(以後【ス】)等)は、作り目を5目にしたほうが数をカウントしやすいかと思います。お好きな方で編んでみてください。

 

「わ」の中に6目(【ス】5目)の「細編み」の作り目から編み始め、2段目以降は、前段の細編みの頭奥1本を拾って編み入れる「細編みのすじ編み」で編み進めます。

毎段6目(【ス】5目)増をしながら、お手持ちの瓶のサイズ+1段になるまで編んでください。

増し目は以下の編み図を参考にしてください。編み図は「細編み」1目に対しての毎段の増し目になります。今回は作り目が6目(【ス】5目)なので、編み図を段数に合わせて6回(【ス】5回)繰り返して編むと、1段6目(【ス】5目)増になります。

 

私は毎段6目増×8段。全部で48目編みました。

 

2.ハンギングカバーの側面(底)を編む

ハンギングカバーの側面を編んでいきます。引き続き「細編みのすじ編み」で編みます。(【ストレートな瓶】の場合は、目数の増減無しでお好みの段数編んでください。)

まずは目数の増減無しで3段編みます。

続いて、4、5段目は毎段6目増で編みます。目数は全部で60目になります。

6、7段目は目数の増減無しで編みます。

画像は5段編んだところです。2段めから色を変更しています。

5段編んで水色の糸が無くなったので、ここでオレンジの糸を1束加えました。

以下の画像は6,7段めが編み終わったところです。ここで一度編み終わりの処理をします。

終わりは「わ」綴じ方で処理します。最後の「細編みのすじ編み」を編み終わったら、ループを長く引き伸ばして半分にカットします。糸端を針へ通し、最初の細編みの頭に針をいれます。

続いて、最後に編んだ目の半目に針を入れます。

鎖目が1目出来ました。そのまま編地の目立たない所に針を何度か通し、糸をカットします。

瓶に被せると画像のようになります。お手持ちの瓶のサイズに合うように編んでみてください。

スポンサーリンク

 

3.ハンギングカバーの側面(ネット部分)を編む

ここから「鎖編み5目」のネット編みを編んでいきます。糸端を少し長めに残して、立ち上がりの鎖目を編んだ後「細編み」を編みます。

そのまま「鎖編み5目」→前段の細編みを4目飛ばして5目めに「細編み1目」を編みます。

ネット編みの段の編み終わりは、「鎖編み2目」を編んだ後、編み始めの「細編み」の頭を拾って「長編み1目」を編みます。

「鎖編み2目」を編み、針先に糸をかけて同じ段の編み始めの「細編み」の頭から糸を引き出し

「長編み」を編みます。最後のネット編みを「長編み」で編むことで、次の段の開始位置がずれていきます。次の段を編み始めるときは、立ち上がりの鎖目を編んだ後、同じ箇所に細編みを編み入れて、ネット編みを編み進めてください。

ネット編みは6段編みました。お手持ちの瓶のサイズに合わせて、お好みの段数を編んでください。

編み終わりはループに糸端を通して引き締め、糸端を編地にくぐらせて処理をします。編み始めの糸も同時にくぐらせて処理してください。この時、くぐらせる長さが短いと糸が解けてしまうので、出来るだけ長めにグネグネとくぐらせてください。

4.ハンギングカバーの側面(上部)を編む

新しく糸をつけ、ネット編みの鎖目部分をすっぽりと拾って「細編み5目」を編み入れます。目数は合計60目になります。続けて目数の増減無しでもう1段「細編みのすじ編み」編みます。

仕上げの縁は「糸掛け細編み」を編みます。引き出した糸に糸を巻き付けながら細編みを編む技法です。

編み始めの画像を撮り忘れました。。すみません。。編み始めは、立ち上がりの鎖目を1目編んだ次の細編みから「糸掛け細編み」を編んでいきます。

前段の細編みの頭に針先を入れて、糸を引き出します。

編み糸を持ち替えて、ループの根本に糸を左から右へまわしかけます。

糸をかけたところです。

そのまま針先に糸をかけてループを引き抜き、細編みを完成させます。

1段編み終わりました。編み終わりは「引き抜き編み」を編みます。

続けて持ち手を編んでいくので、糸はそのまま残して置いてください。

スポンサーリンク

 

5.ハンギングカバーの持ち手を編む

持ち手も「鎖編み5目」のネット編みで編んでいきます。

前々段の細編みの足を拾って「細編み」→「鎖編み5目」→4目飛ばして5目めに「細編み」を2回繰り返します。

続けて「鎖編み5目」のネット編みを編んでいきます。平面でネット編みを編む技法は以下のリンクを参考にしてください。

かぎ針編みの模様(その2)ーネット編みの編み方

ネット編みを17段編みました。11.5㎝程度になりました。

反対側の中央に持ち手を縫い付けます。外れないようにしっかりと縫い付けてください。

完成です!

 

ライトを入れてみました。良い感じです♪

お花やビーズ、キャンドルを入れても可愛いと思います。火気のあるものを入れる場合は、火の取り扱いに注意してください。

タイトルとURLをコピーしました