刺繍糸でかぎ針編み「十字模様(方眼編み)のボトルカバー」の編み方

刺繍糸でかぎ針編み「十字模様方眼編みのボトルカバー」の編み方雑貨

方眼編みの技法を使って編んだ編み地を、ボトルカバーに仕立ててみました。

方眼編みの模様には、縁起を担いで十字模様を描きました。「十」には完全や充分に満ち足りているという意味があり、この十が繋がっていく模様は縁起が良いと言われているそうです。満ち足りた人生。。憧れます。。

では、編み図と編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸4本 ・・・各約8m

かぎ針 5号(糸巻き6枚)

※今回は以下のダイソーで購入した刺繍糸を使って編んでいきます。画像には入っていないのですが、後でフチ編み用の糸を1束加えています。糸巻きもあると便利です。

今回は作品の雰囲気を変えたかったので、刺繍糸1束を糸3本ずつ、2束に分けた物を3色まとめて編みました。8mもある束を2つに分ける作業はなかなか大変だったので、あまりお勧めできません。。1色でも可愛く編めると思うので、お好みの糸で編んでみてください。

 

2.編み図

編み図をクリックしていただくと画像が大きくなります。

「鎖編み」34目の作り目から編み始め、編み図の通りに「長編み」と「鎖編み」を組み合わせて編んでいきます。編み図には書いていませんが、仕上げは「細編み」でフチ編みを編みます。

 

十字模様方眼編みの編み図

 

スポンサーリンク

 

3.編み方

1.カバーの編み地を編む

3色の糸を合わせて、1束にして編んでいきます。

5号のかぎ針を使い、「鎖編み」で作り目を34目編みます。

以下、編み図通りに「長編み」と「鎖編み」を組み合わせて、全部で9段編みます。

詳しい方眼編みの編み方は、以下のリンクを参考にしてください。

かぎ針編みの模様(その3)ー方眼編みの編み方

ちなみに、目数は1マス3目+端の目1目で計算しています。画像の編み図では、(11マス×3目)+1目=34目の作り目になります。

模様を増やしたい時は、作り目の参考にしてみてください。

 

2.カバーのフチを編む

今回はボトルカバーにしたいので、フチを編んでいきますが、編み図よりも模様を増やして編地を大きくし、バックなどに仕立てても可愛いと思います。

ここで刺繍糸を1束加えました。

フチは「細編み」で編みます。上下は、鎖目を拾いながら34目編みます。角は「鎖編み」1目を編みます。左右は、長編みの足や鎖目を拾いながら、1段3目ずつ編み入れました。編地の糸端を編みくるみながら編んでください。

50㎝程度糸端を残してカットし、編み終わりのループを伸ばして糸を引き抜きます。続いて糸端を針に通し、編地の左右の目を拾いながら、巻きかがりで縫いとじます。

縫い終わりは、編地の目立たないところに糸端を通してカットし、完成です。

 

カバーは伸縮性があるので、直径が5㎝程度ならば、どのような形のボトルにも合います。

こちらは、ジャムの空き瓶に付けてみました。

 

こちらは、四角い瓶に付けてみました。

 

紙コップにも付けれます。コップの滑り止めと、目印にも使えそうです。

刺繍糸でかぎ針編み「十字模様方眼編みのボトルカバー」の編み方

 

もう少し目数と段数を増やして編めば、ペットボトルカバーにも出来そうです。

個人的に「方眼編み」と言えば、すぐ思い付くのはドイリーやコースター、バックなどでした。でも他にもポテンシャルは秘めた編み方だと思うので、いろいろな可能性を探っていきたいと思います!

 

タイトルとURLをコピーしました