刺繍糸でかぎ針編み「バレンタインデーにも「リボン」」の編み方

刺繍糸でかぎ針編み「バレンタインデーにも「リボン」」の編み方雑貨

2月のバレンタインデーへ向けて、第3弾は「リボン」を編みました。リボンの留め部分にビニールタイを通すと、ラッピング袋の口を留めるのにも使用できますし、Uピンを通して髪飾りにするのもおススメです。

ポイントはリボンにこっそり入っているハート模様です。ぜひお好きな色で編んでみてください。編み図と編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸(2色or3色) リボン(長)…約8m、リボン(短)…約4m50㎝、リボン留め…約2m

かぎ針 5号、とじ針

※今回もダイソーで購入した刺繍糸を使って編んでいます。リボンの留め部分を2色で編む場合は、刺繍糸2束(約8m)を用意してください。

 

2.編み図と編み方

以下編み図をクリックしていただくと画像が大きくなります。

1.リボン(長)の編み方

鎖編み7目の作り目から編み始め、編み図を参考に模様編みを編んでいきます。

画像は2段めの「鎖編み3目+鎖編み1目」までを編み終わったところです。①の箇所に「長編み3目の玉編み」+「鎖編み1目」+「長編み3目の玉編み」を編み入れた後、「鎖編み1目」を編み、②の箇所(立ち上がりの鎖目3目め)に「長編み1目」を編みます。

3段めは、画像の→の箇所をすっぽりと拾って、「長編み3目の玉編み」+「鎖編み1目」+「長編み3目の玉編み」を編み入れます。

同様に、4~6段めを編みます。

7段めは「長編み」を編みます。同じ物を2枚編んでください。

編み終わりの糸はこの後使用しないので、編地の目立たないところに通してカットしてください。

 

スポンサーリンク

 

2.リボン(短)の編み方

鎖編み5目の作り目から編み始め、編み図を参考に模様編みを編みます。リボン(長)は「長編み3目の玉編み」でしたが、リボン(短)は「中長編み2目の玉編み」を編んでいきます。

画像は2段めの「鎖編み2目」までを編み終わったところです。①の箇所に「中長編み2目の玉編み」+「鎖編み1目」+「中長編み2目の玉編み」を編み入れた後、②の箇所(立ち上がりの鎖目2目め)に「中長編み1目」を編みます。

3段めは、画像の→の箇所をすっぽりと拾って、「中長編み2目の玉編み」+「鎖編み1目」+「中長編み2目の玉編み」を編み入れた後、②の箇所(立ち上がりの鎖目2目め)に「中長編み1目」を編みます。

7段めは「中長編み」を編みます。こちらも同じ物を2枚編んでください。編地の中央がふっくらとしたハート模様になります。

編み終わりの糸はこの後使用しないので、編地の目立たないところに通してカットしてください。

 

スポンサーリンク

 

3.リボン留めの編み方

鎖編み3目の作り目から編み始め、編み図を参考に模様編みを編みます。リボン留めは「中長編み3目の玉編み」を編んでいくのですが、「立ち上がりの鎖目」を編んだ後、玉編みの中央をすっぽりとひろって「伏せ編み」を編み、そこからつづけて「玉編みの立ち上がりの鎖目2目」。。と編んでいきます。

リボン留めは、リボン(短)と同じ色の糸で編んでも可愛いですが、私は中央にアクセントが欲しかったので、グリッターカラーの刺繍糸を使って編みました。

リボン留めはハートの連続模様になります。編み終わりの糸は後程使用するので、少し長めに残して置いてください。編み始めの糸は、編地の目立たないところに通してカットしてください。

 

スポンサーリンク

 

4.リボンを組み立てる

リボン(長)を交差させて置きます。模様の向きに気を付けてください。

上にリボン(短)を重ねます。

中央をつまんで余り糸を使って結びます。

リボン留めを巻いて縫い留めます。この時、後程ビニールタイやUピンなどを通すことが出来るように、縫うのはリボン留め同士だけにしてください。

リボンの完成です!大きさは縦 約5㎝×横 8㎝になります。

色違いも編みました。

色使いで雰囲気が変わります♪

リボンにビニールタイを通して、袋口を留めてみました。

リボンがわりと大きいので、大きめプレゼントのラッピングに向いているかと思います。

ラッピングを考えるのは楽しいです♪

どなたかの参考にしていただけたら嬉しいです。皆さまもぜひ作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました