刺繍糸でかぎ針編み「バレンタインデーにも「しましまリボン」」の編み方

刺繍糸でかぎ針編み「バレンタインデーにも「しましまリボン」」の編み方雑貨

2月のバレンタインデーへ向けて、第4弾は「しましまリボン」を編みました。糸とかぎ針でコードを編んで「リボン結び」をしているだけなので、お好きな形に結んでいただければオリジナルのリボンになります。

お好みのデザインが見付からない方や、贈る相手のラッキーカラーにこだわって編むなど、手作りの良さを味わってみませんか?編み図と編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸 リボン(2色)…約5m×2本、リボン(フチ)…約8m×1本

かぎ針 5号、とじ針

※今回もダイソーで購入した刺繍糸を使って編んでいます。

 

2.編み図と編み方

以下編み図をクリックしていただくと画像が大きくなります。

1.しましまリボンの編み方

鎖編み4目の作り目から編み始め、2段ごとに糸の色を変えながら、「細編み4目」と「中長編み4目」を交互に編んでいきます。

画像は2段めの4目め、未完成の「中長編み」を編み終わったところです。ここで糸の色を変えて、針先に糸をかけてループを引き抜き「中長編み」を完成させます。

「中長編み」が編めました。1~2段めを編んでいた糸は、そのまま休ませて置いてください。

ちなみに。。「細編み」の場合は、「立ち上がりの鎖目1目」を「細編み1目」とは数えないので、「細編み」を4目編むことになりますが、「中長編み」の場合は、「立ち上がりの鎖目2目」=「中長編み1目」になるので「中長編み」は3目編むことになります。前段の目を拾う箇所に気を付けてください。

4段めも同様に、4目めの未完成の「中長編み」を編み終わったら

休ませていた糸で「中長編み」を完成させます。横で渡している糸は、後程フチを編む時に編みくるみます。

編み終わりは、カットした糸2本をループに通し、糸端を引いてループを引き締めます。

全部で56段28模様が編めました。糸端はフチを編む時に編みくるんでも良いですし、この時点で編地の目立たないところに通してカットしても良いです。編みやすいほうで処理してください。

 

スポンサーリンク

 

2.しましまリボン(フチ)の編み方

短い方のフチは「鎖編み5目のピコット編み」を編んでください。

コードのフチ中央あたりに糸を付け、立ち上がりの鎖目1目を編んだあと、糸を編みくるみながら「細編み」の箇所は1目、「中長編み」の箇所は2目の「細編み」を編み入れていきます。

短いフチは角の所を「鎖編み1目」で編み進め、「細編み1目」→「鎖編み5目のピコット編み」を4回繰り返して編みます。続けて「鎖編み1目」を編み、再び長いフチを「細編み」で編んでいきます。

1周編み終わったら、最後は「わ」の編み終わりの処理をします。

ループを引き伸ばしてかぎ針を抜き、ループを半分にカットしてから不要な糸を引き抜きます。編地につながっている糸を閉じ針に通し、まずは編み始めの細編みの頭2本を拾って針を通します。

今度は編み終わりの目に戻って、半目と細編みの足に針を通します。

そのまま編地の目立たないところ数目に針を通してから、糸端をカットしてください。

コードが編み終わりました。長さは約31㎝×約2㎝になります。

リボン結びをしてみました。可愛く結ぶのがなかなか難しいです。。

結んだ状態の大きさは横 約11cm×縦 約7cmになります。

シャーベットカラーで色違いも編んでみました。ピコット編みのフリンジがポイントです♪

リボン結び。。難しい。。。私は詳しくなくて申し訳ないのですが、どうやら「ちょうちょ結び」と「リボン結び」で結び方が違うみたいです。色々練習してみたいと思います!

コードなので袋にそのままリボンで結んでも良いのですが、きれいに形を作って結び目にビニールタイを通し

ビニールタイで留めた方が簡単に出来ました。

ヘアゴムにしたり、ヘアピンにしたり、ストラップにしたりと。。沢山アレンジも出来そうです。

どなたかの参考にしていただけたら嬉しいです。お好みの色で編んでみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました