刺繍糸でかぎ針編み「ミニリボン」編み方

刺繍糸でかぎ針編み「バレンタインデーにも「ミニリボン」」の編み方雑貨

日々ラッピングで使えそうなアイテムを編んでいるうちに、ししゅう糸の余りがたまってきたので、短い糸でも編める「ミニリボン」を編んでみました。一筆書きのように簡単に編めるので、量産するのにもおススメです。編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸 …約2m30㎝、かぎ針 5号、とじ針

※今回は「しましまリボン」を編んで余った刺繍糸を使っています。

刺繍糸でかぎ針編み「バレンタインデーにも「しましまリボン」」の編み方

 

2.編み方

編み図を用意しなかったので、画像を使ってご紹介していきます。

最初に「鎖編み」を8目編みます。(訂正:画像には7と書いてありますが、8の誤りです。)鎖編み7目の部分がリボンの「わ」になります。最初の1目(→の部分)に「引き抜き編み」を編み、「わ」にします。

続けて「鎖編み」を7目編みます。

最初に「引き抜き編み」を編んだところと同じ目に、「引き抜き編み」を編みます。

リボンの紐部分を編んでいきます。「鎖編み」を5目編んで作り目とし、その作り目に「立ち上がりの鎖目1目」+「細編み5目」を編み入れます。続けて編み始めの最初の1目に「引き抜き編み」を編みます。

同様に、「鎖編み」を5目編んで作り目とし、その作り目に「立ち上がりの鎖目1目」+「細編み5目」を編み入れます。続けて編み始めの最初の1目に「引き抜き編み」を編みます。

リボンの「わ」の部分を編んでいきます。画像の記号を参考に、鎖編みの半目と裏山2本を拾って、「細編み1目」+「細編み1目」+「中長編み2目を編み入れる」+「長編み3目を編み入れる」+「中長編み2目を編み入れる」+「細編み1目」+「細編み1目」を編みます。

リボンの留め部分を編みます。まず「鎖編み」を7目編みます。

編んだ鎖目をくるりと1周し、編地の裏側(→の箇所)で「引き抜き編み」を編んで留めます。最後に、かぎ針をループから抜き、編み糸をカットして糸端をループに通し、通した糸端を引いてループを引き締めたら完成です。残った糸は編地の目立たないところに通して、カットしてください。

大きさは(横)約4.5㎝×(縦)3.5㎝になります。

クリップを通してブックマーカーにしたり、ヘアピンやアクセサリーにしても可愛いと思います。お好きな色で編んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました