「鎖編み」と「細編み」だけで【コースター】の編み図と編み方

コースターの編み図と編み方雑貨

今回は夏用バッグを編んだ糸が残ったので、ちょうど欲しいなと思っていた「コースター」を編みました。日ごとに気温が上がり、飲み物を手元に置く回数が多くなるこの季節。コップの水分を吸い取ってくれるので、あると便利な物の一つです♪

簡単に量産できるように、「細編み」と「鎖編み」だけの組み合わせを使って編みました。編み図と編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.材料

トロピカルコットン(奇数段)・・・4g

NEW エンジェルコットン(偶数段)・・・3g

かぎ針 5号、閉じ針

※今回はセリアで購入した、コットン100パーセントの糸を使って編んでいます。1色で編む場合は、1玉で4枚ほど編めるかと思います。

 

2.編み図

編み図をクリックしていただくと、画像が大きくなります。

「わ」の中に6目「細編み」から編みはじめ、2段めは6目増、3段~7段めまでは編み図にしたがい、増し目をしながら編んでいきます。8段めは目数増減なし、9段めだけ「細編み」の間にある「鎖編み」が3目になるので気を付けてください。

 

スポンサーリンク

 

3.編み方

「わ」の中に6目「細編み」を編み、「わ」を引き締めた後、1段めの最後は変更した糸で「引き抜き編み」を編んでください。

今回私は糸の色を変更するたびに糸を切らなかったので、編地の裏で糸が渡っています。糸の渡りが気になる方は、糸の色を変更するごとに編み終わりの処理をして、糸をカットしながら編んでください。

ここでは、グリーンの糸をこのまま休めておきます。

3段めを編むときに、休めておいた糸に持ち替えて2段め最後の「引き抜き編み」を編みます。

画像は3段めの編み終わりの「引き抜き編み」を編んだところです。3段め以降は、編み目の開始位置をずらすための「引き抜き編み」を編むときに、休めておいた糸で「引き抜き編み」を編みます。

糸を持ち替えて、3段めの「鎖編み」をすっぽりと拾って「引き抜き編み」を編みます。

続けて編み図にしたがい、「細編み」と「鎖編み2目」を交互に編んでいきます。「細編み」が2目の段と3目の段があることと、9段めの「鎖編み」が3目になることに気を付けながら編んでください。

以下は編地の裏の画像になります。糸の色を変更している箇所(赤線で囲ったところ)で、糸が渡っています。気になる方は、段を編み終える度に都度編み終わりの処理をしてください。

コースターのサイズは、直径約10cm程度になります。

偶数段と奇数段の色を入れ替えて、2枚編みました。

ちょっとレトロな雰囲気がお気に入りです。

模様がハッキリとするので、糸の色を2色以上使うことをおススメします。

コットンの糸なので、水分もしっかりと吸ってくれました。今年の夏の相棒になりそうです♪

どなたかの参考にしていただけたら嬉しいです。皆様もお好みの色で編んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました