刺繍糸でかぎ針編み「ネット編みのヘアバンド」の編み方

刺繍糸でかぎ針編み「ネット編みのヘアバンド」の編み方アクセサリー

近頃暑くなってきたので、髪を留めれるようにヘアバンドを編んでみました。今回は「ネット編み」の技法を用いて編んでいます。刺繍糸で編んだので、頭を締め付けることなく、涼し気なヘアバンドが編めました。皆さまもご自身の頭のサイズに合わせて編んでみてください。編み方をご紹介します。

スポンサーリンク

1.材料

幅4㎝×長さ54㎝(ヘアゴム部分除く)程度のヘアバンドになります。

大人の女性でも少し大きめなサイズになるので、ご自身のお好みのサイズに調節しながら編んでください。難しい場合は、お手持ちのヘアバンドに長さを合わせても良いと思います。

材料は多めにご紹介しています。

刺繍糸(5色) ・・・各約8m

ヘアゴム 25㎝程度、かぎ針 3号

※私は以下のダイソーで購入した刺繍糸を使って編んでいます。

 

2.編み方

以下編み図をクリックしていただくと画像が大きくなります。

1.ヘアバンドのゴムを付ける部分を編む

最初にヘアゴムを付ける部分から編んでいきます。

ちなみに、私は水色とグレーの糸2色を両端に使用して編みたかったので、編み始める前に刺繍糸の束を2つに分けてから編み始めました。ご参考まで。

後程ヘアゴムを付ける部分を「わ」に縫い付けたいので、糸端を10㎝程残した状態で作り目を編み始めます。

「鎖編み6目」の作り目から編み始め、増減無しで「細編み」を10段編みます。

11段と12段めは編み図に従って増し目をしながら、「長編み」を編みます。

13段めから「鎖編み5目のネット編み」を編んでいきます。

「ネット編み」の詳しい編み方は以下のリンクを参考にしてください。

かぎ針編みの模様(その2)ーネット編みの編み方

13段めを編み終わりました。ここで水色の糸半分を使い切りました。

2.ヘアバンドのネット編み部分を編む

糸の色を変えながら「ネット編み」を必要な長さ分編んでいきます。

段数を数えながら編んでいなくてすみません。。私はリボンの部分を微妙に中心からずらしたかったので、少しずつ長さを変えながら編んでいます。

グレー(約6㎝)+青(約15㎝)+白(約4㎝)+紫(約13㎝)+グレー(約7㎝)=約45㎝

で編みました。水色、グレー、青の刺繍糸は使い切っています。

糸の色を変更するときの注意点ですが、糸を変更するときは、一度編み終わりの処理をしてから次の糸を付けて編み始めることをお勧めします。また、編地(鎖目)に編み終わりの糸端をくぐらせる時に、くぐらせた糸が短いと、すぐ糸端が出てきて編み目がほどけやすくなるので、出来るだけ長めにグネグネと糸端を編地に通すことを意識してみてください。

実際に定規で測りながら編み進めました。編地の長さを測る時は、一度上下左右に編地を引っ張って整えてから測ってください。

なお、編み終わりは「鎖編み5目のネット編み」模様が3つの段で終わるようにしてください。

3.もう片方のヘアバンドのゴムを付ける部分を編む

必要な長さ(ゴムを付ける部分を除く)を編み終わったら、もう片方のゴムを付ける部分を編んでいきます。

編み図を参考に、減らし目をしながら編んでいきます。1段目は「鎖編み3目」で立ち上がり、ネット部分をすっぽりと拾って「長編み2目」→前段の細編みの頭を拾って「長編み1目」を繰り返して編みます。

ヘアバンドの本体が編み終わりました。

4.ヘアバンドを仕上げる

リボン部分の留め部を編んでいきます。「細編み6目」を増減無しで5㎝程編みました。

付ける箇所はお好みで決めてください。私は白い糸の部分をじゃばらに折って付けました。

巻きかがりで縫い付けています。

続いて、ヘアゴムの片方を一結びし、さらに中心を結びます。

ヘアゴムを付ける部分にセットし、編地を巻いてから待ち針で留め、あらかじめ残しておいた糸端を使って縫い付けます。

ヘアバンドの完成です!

手持ちのぬいぐるみに付けてみました。想像以上に可愛く出来ました。

横から見たところです。顔がちょっと苦しそうです。。

もう少し太くしても良かったかもと思いつつ。。横幅を太くする場合は、5目1模様ずつ目を増やして編んでみてください。

最初にも書きましたが、長さは少々長めなので、髪をしっかりと留めるというよりフワッと乗っている感じになります。段数はお好みで調節してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました