ダイソー刺しゅう糸「グリッターカラー」を使ってかぎ針で編む刺しゅう糸ボールの作り方

ダイソー刺繍糸「グリッターカラー」で編む刺繍糸ボールのイヤリングアクセサリー

ダイソーで購入した「グリッターカラー」という刺しゅう糸を使ってアクセサリーを作ろうシリーズ(?)第3弾です。

今回はブレスレット以外のアクセサリーを作りたくて、とりあえず色々な物に応用出来そうな刺繍糸ボールを編んでみたら想像以上に可愛くなりました!ということで、出来た編み玉をイヤリングとヘアゴムにしてみたのでご紹介します。

グリッターカラーの使用感は以下のリンクを参考にしてください。

ダイソー刺しゅう糸「グリッターカラー」を使って「えびコード」で編むブレスレットの作り方

まずは「刺繍糸ボール」の作り方です。ちなみにボールの大きさは直径2㎝程になります。

 

スポンサーリンク

1.「刺繍糸ボール」の編み方

1.編み図

編み図をクリックしていただくと大きくなります。

輪の作り目6目から編み始め、2段目以降は細編みのすじ編みで編みます。編み終わりの糸は20㎝ほど残してください。

 

2.編み方

1.輪の中に6目細編みを編み入れる

2号のかぎ針を使用しています。輪の中に6目細編みを編み入れたら、2重になっている糸のどちらかを少し引いてみて、糸端が動かないほうの糸を先に引き締め、次に糸端を引いて輪を完全に引き締めます。

2.2段目以降は細編みのすじ編みを編み入れる

輪の作り目を引き締め終わったら、細編みの1目めの頭の目を拾って伏せ編みを編みます。続いて鎖1目で立ち上がり、前段の細編みの奥側半目に針先を入れます。

糸をかけて引き出し、また糸をかけて細編みを編みます。

同様に、同じ目の奥側半目を拾って細編みを編みます。続けて増し目繰り返しながら、4段目まで細編みのすじ編みを編みます。

本当は同じ色でボールを編みたかったのですが、1色1巻きでボールが2つ編める分だけの糸の長さが無かったので、色を2色にして編みました。

ボールを1つだけ作るなら1色で編める分の長さはありますので、皆さまもお好みで作ってみてください。

最後の伏せ編みを編むときに、糸を変えて引き出します。

そのまま銀色の糸と水色の糸の糸端を編みくるみながら、細編みのすじ編みを数目編み、銀色の糸を切ります。

5,6,7段と減らし目をしながら編み進め、編み終わりは糸を20㎝程度残してカットし、輪をそのまま引き抜きます。

糸を引き抜いたところです。

3.綿をつめて、綿入れ口を縫い留める

綿をつめていきます。綿の量は画像を参考にしてください。ピンセットでつめると作業し易いです。綿が無い場合は毛糸や刺繍糸などでも大丈夫ですが、グリッターの糸は反発が強いのであまりお勧めしません。

画像の量が全て入りました。

残しておいた糸で穴を縫い留めます。刺しゅう針で大丈夫です。綿が見えなくなるようにグシグシと縫い留めてください。

糸端を処理したら刺繍糸ボールの完成です。

 

スポンサーリンク

 

2.「刺繍糸ボール」を使ったアクセサリー

ここからは実際に「刺繍糸ボール」を使ったアクセサリーをご紹介します。

1.イヤリング

「パープル」×「ゴールド」のグリッターカラーを使って、少しゴージャスなイヤリングを作ってみました。

ダイソー刺繍糸「グリッターカラー」で編む刺繍糸ボールのイヤリング

 

使用した金具はイヤリング本体2個、丸環4個、9ピン2個、コットンパール(直径1㎝くらい)2個です。娘に付けてみました。

ボールがゆらゆらと揺れてとても可愛いイヤリングが出来ました。

色違いで作って親子でお揃いで付けても可愛いと思います。

 

2.ヘアゴム

「水色」×「シルバー」のグリッターカラーはヘアゴムにしてみました。

今回細いゴムを針金を使ってボールに通したのですが、綿が絡んでしまって少し通しにくかったので、ゴムは縫い付けたほうが良いかもしれません。。

ヘアゴムはマスコットに付けてみました。

ちょこんとしたボールが鈴のようで可愛くなりました。

ヘアゴムなら小さなお子様でも付けやすいので、小学校や幼稚園のバザー等にもお勧めです。

ちなみに「えびコードで編むブレスレット×2」「スレッドコードで編むブレスレット×3」「刺繍糸ボール×4」まで編み続けて、残りの糸がだいぶん少なくなってきました。

糸がもう少し頑張ってくれそうなので、あと何個か創作を楽しみたいと思います。

 

追記:

3.ストラップ

「ししゅう糸ボールでストラップを作って!」とのリクエストを受け、久しぶりにボールを編みました。サクランボのような可愛いストラップが出来ました♪

使用した材料は以下です。今回は「パール調カラー」の糸を使って、かぎ針は3号で編みました。

コードは、以前編んだ「スレッドコードのブレスレット」を解体して使用しました。

編み方は以下のリンクを参考にしてください。

ダイソー刺しゅう糸「グリッターカラー」を使って「スレッドコード」で編むブレスレットの作り方

 

ボールは、3段めまでは白い糸、4段め以降は紫色の糸で編んでいます。今回は小さめなボールにしたかったので、目数の増減無しの段は1段しか編みませんでした。なので、紫色の糸で編んだ段は全部で4段になります。

コードの端は大きめに玉結びしておきます。

底に軽く綿を詰め、コードを入れます。コードの周りを埋めるように、さらに綿を入れて形を作ります。

ボールの口を絞り止めで縫い付けます。口を絞った後、コードが抜けないように何回か縫い付けてください。

もう片方のボールは、あらかじめボールの底に綿を入れた後、コードの端をボールに詰めながら長さを調節します。

ちなみに。。私はこのストラップをスマートフォンに付ける予定で作成しているので、長い方は5㎝、短い方は3㎝にしました。

長さを決めたら、形を見ながら綿を詰めて、先ほどと同様に縫い閉じます。

一度金具を外し、コードを2つに折って糸で留めます。留め方は、以下のリンクを参考にしてください。

ビーズと麻紐を使ったブレスレットの作り方

糸をギュッと引いたら、余分な糸端をカットして留め具を付け、完成です!

コードは、鎖編みのコードやエビコードでも可愛いと思います。

お好きな色で編んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました