刺繍糸でかぎ針編み「よね編みのハンドジェルボトルカバー」の編み方

刺繍糸でかぎ針編み「よね編みのハンドジェルケース」の編み方雑貨

近頃ハンドジェルを持ち歩く機会が増え、目薬に続いてバックの中でよく迷子になるので、カバンの持ち手に付けられるようにボトルケースを編んでみました。今回は「よね編み」の技法を用いて編んでいます。皆さまも手持ちのボトルサイズに合わせて編んでみてください。編み方をご紹介します。

スポンサーリンク

1.材料

画像は私が使用しているハンドジェルになります。

直径5㎝程、高さが8㎝程です。

材料はあくまで目安にしてください。このボトルより大きいサイズをお持ちの方は、使用する糸も多めに用意してください。

刺繍糸(5色) ・・・各約8m

ストラップの金具、かぎ針 3号

※今回は以下のダイソーで購入した刺繍糸を使って編んでいきます。

画像には入っていませんが、途中足りなくなったのでピンクの糸を1束足しています。

2.編み方

以下編み図をクリックしていただくと画像が大きくなります。

1.ボトルケースの底を編む

ボトルケースの底を編んでいきます。「わ」の中に6目「細編み」の作り目から編み始め、お手持ちのボトルのサイズに合わせて毎段6目の増し目をしながら編んでください。底より1周り大きくなるまで編みます。

円の増し目の方法は以下の編み図を参考にしてください。

私のボトルは7段42目まで編みました。

側面の糸に変更して、1段目は増減無しで「細編みのすじ編み」を編みます。

前段の細編みの頭奥半目にかぎ針を入れます。

糸端を編みくるみながら、針先に糸をかけて引き出します。

さらに糸をかけてループを引き抜き、細編みを編みます。

同様に編み進め、最後は編み始めの目に引き抜きます。

ボトルを合わせてみました。底がボトルより1周り大きなサイズになっていることを確認してください。

続けてもう1段増減無しで「細編み」を編みます。

2.ボトルケースの側面を編む

3段目からは以下の編み図を繰り返して編みます。糸の色を1段ずつ変更して編んでいます。前段と模様が交互になるように、引き抜き編みで編み始めの位置をずらしながら編んでください。

3段目は2段目と同じ糸で「よね編み」を1段編みます。

4段目は2色めの糸に変更します。2回目の「引き抜き編み」をするときに糸の色を変更して引き抜き、続けて前段の鎖目をすっぽりと拾って「細編み」を編みます。

4段目の編み終わりです。編み始めの細編みの頭を拾って「引き抜き編み」を編みます。

5段目は3色めの糸に変更します。2回目の「引き抜き編み」をするときに糸の色を変更して糸を引き出します。

そのままかぎ針にかかっているループを引き抜きます。

続けて前段の鎖目をすっぽりと拾って「細編み」を編みます。

続けて「よね編み」を編んでいきます。1色1段ずつ編んでいます。糸は切らずに後ろで斜めに渡しています。渡っている糸が見えることが気になるかたは、1段ずつ糸をカットして編み終わりの処理をしてください。

ラベルが隠れるくらいまで編みました。ここでピンクの糸が少なくなったので、模様編みを終わりました。皆さまも編みながらお手持ちのボトルに合わせて、段数を決めてください。

もう少し編みたかったので、カーブが隠れるように、残った糸で続けて細編みを3段編みました。ボトルが隠れたのでここで編み終わります。

編み図を裏返すと、画像のようになっています。編み始めの位置に合わせて糸が裏で渡っています。

3.ボトルケースの縁を編む

糸が無くなったので、1束投入しました。ストラップを分解した金具も用意します。

縁は以下の編み図で編んでいきます。4目1模様です。目数が余る場合は残りは細編みで編んでください。私も42目で編んだので、模様を10セットと残り2目は細編みで編みました。

縁の編み方です。最初に立ち上がりの鎖目を編み、続けて細編みを1目編みます。

さたに鎖編みを4目編みます。

かぎ針に糸をかけて、細編みの足2本を拾って針先を入れます。

針先に糸をかけて引き出し、さらに糸をかけてループを1つ引き抜き、未完成の長編みを編みます。

同様の箇所にもう1目、未完成の長編みを編みます。

針先に糸をかけて3つのループを引き抜き、玉編みを編みます。

続けて、前段の細編みを3目飛ばして4目めに細編みを編みます。

縁編みの1セットが編み終わりました。同様に1段編みます。

編み終わりの処理をして、側面の完成です。

4.ボトルケースの紐を編む

残った糸で紐を編んでいきます。紐は「スレッドコード」で編みました。

スレッドコードの編み方は以下のリンクを参考にしてください。

ダイソー刺しゅう糸「グリッターカラー」を使って「スレッドコード」で編むブレスレットの作り方

後程リボン結びをするので、コードの前後は10㎝程度糸を残して編んでください。コードは26㎝程度編みました。

ストラップの金具にスレッドコードを通し、片方をリボン結びにし、もう片方は細編みにストラップの金具を引っ掛けて完成です!

どこか懐かしい模様のボトルケースになりました。糸の色を2段ごと、3段ごとに変更しても良いですし、1色で編んでも可愛いと思います。

色遊びを楽しみながら、お好みで作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました