刺繍糸でかぎ針編み「よね編みのコースター」の編み方

刺繍糸でかぎ針編み「よね編みのコースター」の編み方雑貨

3色の刺繍糸を使って、「よね編み」の技法を用いてコースターを編んでみました。配色を変えながら2パターン編みました。複雑な模様に見えるのに、簡単に編めるので初心者さんにもお勧めです。編み図と編み方をご紹介します。

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸(3色) ・・・各約8m

かぎ針 5、6号

※作り目を編む時に6号のかぎ針を使用していますが、5号のみで全て編んでも大丈夫です。お好みで用意してください。

※今回は以下のダイソーで購入した刺繍糸を使って編んでいきます。

2.編み図

編み図をクリックしていただくと画像が大きくなります。鎖編み20目の作り目から編み始め、4段ごとに色を変更して全部で20段編みます。仕上げに縁を拾いながら細編みを3段編んで完成です。

3.編み方

1.2色のコースター

6号のかぎ針を使って、鎖編みを20目編みます。5号のかぎ針で編む場合は、1段目を編む時に作り目の裏山を拾いやすいように、鎖編みを緩めに編むことをお勧めします。

ベースの編地は2色の刺繍糸を用いて、4段ずつ色を変更して編みます。1段めは立ち上がりの鎖目を編み、続いて編み図に従い、鎖編み1目→作り目を1目飛ばして2目めに細編みを編みます。以降鎖編み1目と細編み1目を繰り返し編んでいきます。

「よね編み」の詳しい編み方は以下のリンクを参考にしてください。

かぎ針編みの模様(その1)ーよね編みの編み方

4段めが編み終わったところです。最後の細編みは、未完成の細編みを編み、最後のループを引き抜くところで糸の色を変更して編みます。変更する前の糸は切らずに休ませておいてください。

8段めが編み終わったところです。糸の色を変更するときに、休ませていた4段目の糸をそのまま引き上げて編みます。糸を引き上げるときは、編地がゆがまないように、糸長を調節しながら編んでください。

12段めが編み終わったところです。最後の細編みは、8段めを編み終わったときに休ませていた糸を引き上げて編みます。16段めが編み終わったら、青い糸はある程度糸の長さを残してカットしてください。

20段編み終えたら、かぎ針を抜いて糸端をカットし、糸端をループに通してループを引き締めます。続いて縁を編んでいきます。編み図の位置に糸を付け、グルリと細編みで目や段を拾いながら編みます。この時、横にある糸を一緒に編みくるんでください。

糸の色を変更して、残り2段縁を編んで編み終わりの糸処理をしたら完成です。

大きさは9.5㎝程になります。

2.3色のコースター

続いて以下の3色を使って編んだコースターをご紹介します。

ベースの編地を3色の刺繍糸を用いて、2段ずつ色を変更して編みました。

作り目は18目、段数も18段です。目数と段数の違い以外は、2色のコースターと同じ編み方になります。

先ほどより糸が多いので、編みくるむのは少し大変かもしれません。。糸端が出てこないように、しっかりと数目編みくるんでください。糸をカットするときは、少し引っ張りながらカットすると良いと思います。

縁も1段ずつ糸の色を変更して編んでみました。

出来上がりは少し小さめの8.5㎝程になります。

早速コップを置いてみました。レトロな風合いで良い感じです。

「よね編み」は、色使いや段数を変更するだけで、編地の表情が変わるのが魅力です。皆さまも変化を楽しみながら編んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました