刺繍糸でかぎ針編み「立体的フラワーのがま口」の作り方

刺繍糸でかぎ針編み「立体フラワーのがま口」の作り方小物入れ

今さらながら。。最近個人的にがま口ブームが来ているのですが、自作しようとすると口金を上手く付けられなくて絶賛練習中です。先日可愛い口金を見つけたので、がま口作りに再トライしてみました。せっかく作ってみたのでアップしたいと思います。どなたかの参考になれば嬉しいです。編み図と編み方をご紹介します。

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸(4色) ・・・分量は以下の画像を参考にしてください。

かぎ針 5号、口金(縫い付けタイプ 65㎜)、内布(10㎝×10㎝ 2枚)、縫い糸

※今回は以下ダイソーの刺繍糸を使って編んでいきます。青と白の糸をメインで使用しました。画像には入っていないのですが、青い糸は3束、白い糸は2束、黄緑と黄色の糸は1束用意してください。ダイソーの刺繍糸1束は約8mです。ご参考まで。

口金はセリアで購入しました。

2.編み図と編み方

今回は編み図と編み方を同時にご紹介していきます。

編み図は、クリックしていただくと画像が大きくなります。

最初にがま口の型紙を書いてみました。「がま口」「型紙」で検索して出てきたサイトを参考にさせていただきました。この型紙を参考に編んでいきたいと思います!

1.1段目を編む

「わ」の作り目に「細編み」を5目編み入れます。段ごとに糸の色を変更するので、以降糸の色を変える時は、編み終わりはかぎ針を引き抜き、糸をカットして糸端をループに通し、糸端を引いてループを引き締めてください。糸端は編地の目立たない所に通して、処理してください。

2.2段目を編む

1段目の細編みの頭を拾って糸を付け、1目に「変わり中長編み2目の玉編み」と「中長編み」の2セットを編み入れます。全部で10目になります。

「変わり中長編み2目の玉編み」の編み方は以下のリンク「2.変わり中長編み3目の玉編み(1目に編み入れる玉編み)」を参考にしてください。

かぎ針編みの模様(その6-2)ー中長編み目と変わり中長編みの玉編みの編み方

3.3段目を編む

2段目の玉編みの頭を拾って糸を付け、編み図の通りに編み進めます。

「長編み5目のパプコーン編み」の編み方は以下のリンク「1.1目に編み入れる長編み5目のパプコーン編み」を参考にしてください。

かぎ針編みの模様(その7)ーパプコーン編みの編み方

4.4段目を編む

3段目の細編みの頭を拾って糸を付け、編み図の通りに編み進めます。

「長編み3目の玉編み」の編み方は以下のリンク「1.1目に編み入れる長編み3目の玉編みを参考にしてください。

かぎ針編みの模様(その6-1)ー長編み目の玉編みの編み方

5.5段目を編む

4段目の玉編みの頭を拾って糸を付け、編み図の通りに編み進めます。

「細編み1目」は4段目の玉編みに、「中長編み1目」→「長編み5目」→「中長編み1目」は3段目のパプコーン編みの頭の鎖目に編み入れてください。4段目の鎖編みの前を通る形になります。

編地の裏はこのようになっています。

始めに作成した型紙に乗せてみました。

余白の部分を細編みで編んでいきたいと思います。

6.6~9段目を編む

4段目の鎖目をすっぽりと拾って糸を付け、編み図の通り、鎖目5箇所にそれぞれ「細編み7目」を編み入れます。

少しわかり難いかもしれませんが、4段目の鎖目ごとに編地を5箇所に分け、2箇所は毎段1目ずつ、残り3箇所は毎段2目ずつ増やしていきます。

型紙に合わせると上のカーブがほぼ一致したので、以降上部は編まないようにして、下部だけ編んでいきます。

6.10~12段目を編む

10段目以降は往復編みで編んでいきます。編み図に従い、「伏せ編み」をする箇所と「増し目」をする箇所を確認しながら編んでください。

型紙で確認すると、カーブが合っていませんが。。大きさがほぼ一致したのでここで編み終わりとしたいと思います。。

同じ編地をもう1枚編んでください。編地の1枚は、後々2枚を合わせる時に使用するための糸を長めに残して置いてください。

7.編地を組み立てる

2枚の編地を「中表」に合わせ、先ほど残して置いた糸で、2枚同時に「引き抜き編み」をしながら編み留めます。

編地を「表」に返し、縁をグルリと細編みで編みます。

編地の完成です。

8.内布を縫い付ける

花びらの部分に大きめな空洞があるので、物が落ちないように内布を付けていきます。

最初の型紙ではカーブが合わないので、編地に合わせてカーブを書き直しました。

型紙に合わせて縫い代を考慮して布をカットし、底の部分を縫います。

縫い代は底の部分だけで大丈夫です。

編地と合わせて待ち針で留めます。

周囲を縫います。口金に隠れるように出来るだけ上部で縫い留めてください。なみ縫いで大丈夫です。

9.口金を縫い付ける

側面を合わせて洗濯ばさみ等で留めます。

側面と中央を合わせ、しつけ糸で縫い留めます。ヘラやピンセット等を使って編地をしっかりと口金に押し込んでください。口金の穴に合わせて縫い付けたら完成です。

これ以降は個人的に苦手な作業なので、お見せ出来るクオリティの画像は無く、、いきなり出来上がりですみません。。口金の部分は半返し縫いで縫い付けました。

いかがでしたでしょうか?デザイン違いもご紹介出来たら良いなと思いつつ。。がま口もっと練習したいと思います!

タイトルとURLをコピーしました