刺繍糸でかぎ針編み「イチゴの小物入れ」の編み方

刺繍糸でかぎ針編み「イチゴの小物入れ」の編み方小物入れ

以前編んだ、アクセサリーのパーツやビーズを入れて置ける小さな小物入れのデザイン違いが欲しいなと思い、ダイソーの刺繍糸1束で編めるミニ小物入れ第2弾を編んでみました。編んでいくうちにイチゴに見えて来たので、おまけで葉を付けて「イチゴの小物入れ」にしてみました。編み図と編み方をご紹介します。

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸(イチゴ) 約8m、刺繍糸(葉) 約4m、かぎ針 3号

※ダイソーの刺繍糸を1束使いきって編みました。出来上がりのサイズは以下の画像を参考にしてください。

2.編み図

画像をクリックしていただくと大きくなります。鎖編みの作り目8目から編み始め、底を三角に編んだ後、側面は増し目をしながら編んでいきます。葉の編み方は、後程画像を使って説明します。

イチゴの小物入れの編み図

3.編み方

1.小物入れの底を編む

鎖編みの作り目8目から編み始め、編み図を参考にしながら、細編みを2段ごとに2目減をしながら全部で8段編みます。底の大きさは3㎝程度になります。

2.小物入れの側面を編む

側面を編んでいきます。9段目は底の周囲の目を拾いながら8目×3辺+3目=27目編みます。角は1目に3目細編みを編み入れてください。

10、11段は編み図を参考に角で増し目をしながら細編みを編みます。12段~14段は増減無しで編みます。編み終わりは1つ最後の細編みを編んだ後、ループを伸ばして糸を切り、針に糸を通して最初の細編みの頭→最後の細編みの半目にそれぞれ針を通して、残りの糸は編地の目立たない所に処理します。

3.葉を編む

葉を編んでいきます。鎖編みを5目編んだ後、鎖目の裏山を拾って細編みを5目編みます。続けて鎖目を5目編みます。

同様に鎖目の裏山を拾って細編み5目を編んだ後、鎖編みを5目編みます。

鎖編み5目に細編み5目を編んだ後、最初の鎖目に引き抜き編みを編んで繋げます。

最初に編んだ細編みに「細編み」→「中長編み」→「長編み」→「中長編み」→「細編み」を編みます。ぐるりと1周繰り返して編んでください。葉の1枚が編めました。

同様に残り2枚も葉を編みます。編み終わりは糸をカットして伸ばしたループに通し、糸端を引いてループを引き締めてください。残った糸端は縫い付けように使用するので、長めに残して置いてください。

イチゴに葉を縫い付けて完成です!葉を縫い付ける位置で表情が変わるので、お好きな角度で縫い付けてください。

指輪を置くのにちょうど良い大きさに編めました。洗面台等に置いて、手を洗うときに外した指輪の置き場に使おうかなと思います。

ミニ小物入れなかなか使い勝手が良いので、今後も種類を増やす予定です。皆さまも編んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました