モールヤーンでかぎ針編みーがま口ポーチ

モールヤーンで編む「がま口ポーチ」の作り方小物入れ

セリアで可愛い「口金」を見つけたので、先日購入したパステルカラーのモールヤーンで「がま口ポーチ」を編んでみました。大きく口が開くので物が出し入れし易く、大容量のポーチが出来ました。

使用した「口金」はこちらです。プラスティックで出来ていて、様々な色がありました。

縫い付けタイプで、サイズは155mmです。

では、ざっくりとですが作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

作り方

使用したかぎ針は12号です。輪の作り目6目から始めます。

編み方は以下のリンクを参考にしてください。編み地の編み方は前回と同じですが、今回は常に奥の1本を拾いながらグルグルと輪に編みました。

モールヤーンでかぎ針編みーファスナーポーチ

6目ずつ増やしながらとりあえず3段編んでみした。1度長さを測ってみます。10cmでした。

足りないので、さらに2段編んでみます。

全部で5段編みました。14㎝になりました。金口と合わせてみるとそろそろ増し目はしなくて良さそうです。

ここから増減無しでさらに3段編んでみます。

ここで毛糸1玉が無くなってしまいました。。

合わせてみると、うーん足りない。もう少し編み地が欲しい感じです。

モールヤーンは無くなってしまったので、またまた先日モールヤーンと一緒に衝動買いして使い道に悩んでいた毛糸を投入してみます。「ふわもこ」という毛糸です。

もこもこしていて可愛いのですが、残念ながらかぎ針では少々編みにくくて困っていました。

この毛糸は編み方を変えても模様が浮き出なさそうなので、ここは素直に細編みでグルグル3段ほど編みました。引き続き12号のジャンボかぎ針を使用しています。

なかなか良い感じです。この辺りで編むのは完了してみます。

編み目が大きいので内側に布を付けます。編み地の両端を内側に折り込んで4等分にし、型紙を採りました。布を4枚縫い合わせたら、編み地に待ち針で留めます。立ち上がりの目が端にくるように意識してみてください。

口金に付けやすいように、端をぐるりとミシンで縫ってしまいました。

ミシンじゃなくて手縫いでも大丈夫です。なかなか荒業ですが、個人的には毛糸の編み地にミシンで布を縫い付ける技は良く使います。毛糸で編んだ編み地も布地も結局は一緒かなと。。

口金に合わせます。本当は仮縫いをするみたいですが、私は面倒なので洗濯ばさみで留めてしまいます。洗濯ばさみは万能です。「口金」の端に立ち上がりの目がくるように合わせてください。

洗濯ばさみを外しながら縫い留めていきます。今回は「ふわもこ」と同じ色の刺繍糸があったので、刺繍糸で縫い付けました。

完成です!内側はこのようになっています。

ティッシュとタオルハンカチ、髪留めを入れてみました。

きちんと口も閉まります。

いかがでしょうか?フワフワとモコモコがコラボした大容量のポーチが出来ました。

自分でも探りながら作ったので、説明がざっくりで申し訳ないですが。。参考にしていただければ嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました