編み物についての豆知識ー編み目と立ち上がり鎖目の関係編

編み物についての豆知識ー編み目と立ち上がり鎖目の関係編編み物豆知識

かぎ針編みの段の高さは編み目によって変わります。編み始めに「立ち上がり」と呼ばれる鎖目を編むことで編み地の段の高さを揃えます。編み目に応じて鎖目の数が変わり、引き抜き編みと細編み以外は立ち上がりの鎖目だけで1目と数えます。さらに1目と数える鎖目には台の目が必要となります。

以下に編み目と立ち上がりの関係をまとめました。

スポンサーリンク

1.引き抜き編み目

引き抜き編みは高さの無い編み目なので、立ち上がりは作りません。

2.細編み目

細編みの立ち上がりは鎖1目で、不安定なので目数としてカウントしません。

例えば作り目が10目だった場合、立ち上がりの鎖目1目を編んだ後、作り目の始まりから10目細編みを編み入れます。

3.中長編み目

中長編みの立ち上がりは鎖2目です。中長編みの立ち上がりの鎖目は1目と数えるので、台になる目が必要です。

例えば作り目が10目だった場合、立ち上がりの鎖目2目を編んだ後、作り目を1つ飛ばして2つ目から9目中長編みを編み入れます。

4.長編み目

長編みの立ち上がりは鎖3目です。長編みの立ち上がりの鎖目は1目と数えるので、台になる目が必要です。

例えば作り目が10目だった場合、立ち上がりの鎖目3目を編んだ後、作り目を1つ飛ばして2つ目から9目長編みを編み入れます。

5.長々編み目

長々編みの立ち上がりは鎖4目です。長々編みの立ち上がりの鎖目は1目と数えるので、台になる目が必要です。

例えば作り目が10目だった場合、立ち上がりの鎖目4目を編んだ後、作り目を1つ飛ばして2つ目から9目長々編みを編み入れます。

6.三つ巻き編み目

三つ巻き編みの立ち上がりは鎖5目です。三つ巻き編みの立ち上がりの鎖目は1目と数えるので、台になる目が必要です。

例えば作り目が10目だった場合、立ち上がりの鎖目5目を編んだ後、作り目を1つ飛ばして2つ目から9目三つ巻き編みを編み入れます。

かぎ針の号数を作り目と編み目で変える場合、作り目までは作り目の号数、編み目からは変更した号数で立ち上がりの鎖目を編みます。

例えば作り目を4号針で、編み目を3号針で長編みを編む場合、4号のかぎ針で10目作り目をし、3号のかぎ針へ変更してから立ち上がりの鎖目を3目編み、作り目の2つめにかぎ針を入れて長編みを編みます。

編み物の本などを見ても意外とこの辺りの知識は書かれていなかったりするので、参考になると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました