刺繍糸でかぎ針編み「ダリア」の編み方

刺繍糸でかぎ針編み「ダリア」の編み方お花モチーフ

今日は9月を代表するお花「ダリア」を編んでみました。ダリアは、たくさんの花びらが重なって丸いフォルムを作る可愛いお花です。できるだけ花びらを多く編みたくて、少々複雑な作りになってしまったのですが、編みあがりはボリュームのある可愛いお花になりました。編み図と編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸 ・・・約8m

かぎ針 3号

※ダイソーで購入した刺繍糸1束で編みました。

 

2.編み方

1.ダリア1~3段めを編む

編み図をクリックしていただくと画像が大きくなります。

「わ」の中に6目の作り目から編み始め、増し目をしながら「細編みのすじ編み」で2段めを編みます。

3段目は2段目の細編みの頭奥1本を拾って、模様編みを編み入れます。

3段めまで編み終わりました。手前側に2段めの細編みの頭1本が見えている状態になります。

 

スポンサーリンク

 

2.ダリア4段めを編む

編み図をクリックしていただくと画像が大きくなります。

4段めは2段めの細編みの頭手前1本を拾って、模様編みを編み入れていきます。3段めは中央に「長編み」を編み入れましたが、4段めは「中長編み」になるので注意してください。

4段めが編み終わりました。

 

3.ダリア5~6段めを編む

編み図をクリックしていただくと画像が大きくなります。

5段めは、2段めの細編みの足を拾って「細編みの表引き上げ編み」+「鎖編み」を編みます。

5段めが編み終わりました。

続けて6段めは、4段めと同様の模様編みを5段めの鎖目に編み入れます。

 

スポンサーリンク

 

4.ダリア7段めを編む

編み図をクリックしていただくと画像が大きくなります。

7段めは、1段めの細編みの頭手前1本を拾って「鎖編み3目のピコット編み」を編みます。

6段めの編み終わりから続けて、1段めの細編みの頭手前1本を拾って「細編み」1目+「鎖編み」を3目編み、

細編みの足を拾って、「引き抜き編み」を編みます。

同様に1段めの細編みを1目飛ばしながら、ピコット編みを3目編み入れます。

7段めを編み終わったらループから1度かぎ針を抜き、糸端をループに通して引き締めてください。

 

5.ダリア8~9段めを編む

編み図をクリックしていただくと画像が大きくなります。

8段めは裏側を見ながら編みます。糸端を針を通し、中央表から後ろへ糸を通します。この時点で糸の残りは3m程あります。糸が長くて通すのが難しい場合は、7段めを編み終わった時点で一度糸をカットして編み終わりの処理をしてから、編地の裏へ糸を付けなおしてください。

「引き抜き編み」をしながら糸を移動し、5段めで拾っていない方の2段めの細編みの足を拾って「細編み」1目+「鎖編み」2目を編みます。

8段めを編み終わりました。

9段めは8段めの鎖編みに模様編みを2つずつ編み入れます。

編み終わりの処理をして完成です!大きさは約4.5㎝程度になります。編み糸はほぼ残りませんでした。

グラデーションの糸で編んでも可愛いと思います。ボリュームのあるお花なので、ヘアピンやヘアゴムなどに仕立てて楽しんでください♪

 

タイトルとURLをコピーしました