刺繍糸でかぎ針編み「ミニ小物入れ」の編み方

刺繍糸でかぎ針編み「ミニ小物入れ」の編み方小物入れ

アクセサリーのパーツやビーズを入れて置ける小さな小物入れが欲しいなと思い、ダイソーの刺繍糸1束で編めるミニ小物入れを編んでみました。とても小さいので、たくさん編んでコレクションしても可愛いですし、刺繍糸セットで買っても使わない余りがちな色で編んでも良いと思います。編み図と編み方をご紹介します。

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸 約8m、かぎ針 5号

※ダイソーの刺繍糸を1束使いきって編みました。出来上がりは直径4㎝×高さ2.5㎝程の小物入れになります。ザクザク編みたかったので、かぎ針は5号を使用しました。

2.編み図

画像をクリックしていただくとおおきくなります。「わ」の中に細編み6目から始め、6目ずつ増し目をしながら底を5段編みます。6,7段は増減無しで編み、8段目は4目の鎖編みと、3目の長編みの組み合わせで模様編みを編みます。

ミニ小物入れ

 

3.編み方

1.小物入れの底を編む

「わ」の中に細編み6目の作り目から編み始め、5段目までは毎回6目増し目をしながら細編みを編みます。

2.小物入れの側面を編む

側面の1、2段目は増減無しで30目細編みを編んでいきます。

3段目は模様編みを編んでいきます。まずは立ち上がりの鎖目3目+鎖目4目の計7目鎖編みを編みます。

かぎ針に糸をかけて、鎖編みの4目めの半目と裏山を拾って糸を引き抜きます。

さらに針先に糸をかけてループを1つ引き抜き、未完成の長編みを編みます。

再びかぎ針に糸をかけて、前段の細編み1目めの頭を拾って糸を引き抜き、さらに糸をかけてループを1つ引き抜き、未完成の長編みを1目編みます。

続いてかぎ針に糸をかけ、前段の細編み2目を飛ばして3目めに未完成の長編みを編み入れます。

かぎ針にループが4つかかっている状態で、針先に糸をかけ、ループを全て引き抜きます。模様編みが1つ編めました。

2つめの模様編みを編んでいきます。まず、鎖目を4目編みます。

続いて1つめの未完成の長編みを編んでいきます。かぎ針に糸をかけ、先ほど一度に引き抜いたループ4つを拾ってかぎ針を入れて針先に糸をかけて引き出し、未完成の長編みを編みます。

2つめの未完成の長編みは、模様編み1つめの最後に編んだ長編みと同じ箇所に編み入れます。

3つめの未完成の長編みは、前段の細編み2目飛ばして3目めに編み入れます。かぎ針にループが4つかかっている状態で針先に糸をかけて全てのループを引き抜き、模様編み2つめの完成です。

引き続き編み図通りに模様編みを編んでいきます。最後の模様編みは、3つ目の未完成の長編みを編む代わりに、最初の立ち上がりの鎖目4目めに針を入れて糸を引き出し、針にかかっている全てのループを引き抜きます。画像が暗くなってしまってすみません。。。

編み終わりはループを伸ばしてかぎ針を抜いた後、糸端をループに通して引き絞り、編み始めの糸端と編み終わりの糸端を目立たない所に処理して完成です。

イヤリングのパーツ2つは入れれます。

ここまで編んで、刺繍糸が1m程余りました。

最後まで糸を使い切りたかったので、アクセントに貝殻モチーフを編み、Tピンを通したコットンパールと丸環で繋ぎ、小物入れに付けてみました。

貝殻モチーフの編み方は以下のリンクを参照してください。

刺繍糸でかぎ針編み「貝殻のイヤリング」の編み方

お花モチーフを編んだり、タッセルにしても可愛いと思います。お好きな飾りを付けてみてください。

タイトルとURLをコピーしました