刺繍糸でかぎ針編み「ボーダーヘアピン」の編み方

刺繍糸でかぎ針編み「ボーダーヘアピン」の編み方アクセサリー

最近めっきり暑くなってきたので、ヘアピンで髪を留めることが増えてきました。せっかくなら可愛いピンで髪を留めたいと思いたち、かぎ針を使って刺繍糸でヘアピンを編んでみました。パッチンピンを包むのが思いのほか難しかったのですが、試行錯誤の結果なんとか形になったので、ご紹介します。

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸(メイン色) ・・・約8m

刺繍糸(刺繍用)  ・・・約1m

かぎ針 3号、毛糸針、刺繍針、パッチンピン(長さ5㎝)1個

※今回は茶色のピンをメインにご紹介しています。材料は以下の画像の物を使用しました。ダイソーの刺繍糸1束とセリアの刺繍糸1本で編んでいます。縁取りと刺繍を同じ色にする場合は、刺繍糸2色をそれぞれ約4m程度用意してください。

2.編み図

画像をクリックしていただくと大きくなります。鎖編み14目の作り目から編み始め、楕円の形に編んでいきます。1段目は細編み、2段目からは細編み、中長編み、長編みを順に編んで「しずく型」のような編地になります。3段目は「バック細編み」で縁編みを編みます。完成した編地は土台となります。これに「引き抜き編み」で格子模様になるように線を編みつけていきます。鎖編みを100目程編んだものをパッチンピンに巻き付け、土台とピンを縫い付けて完成です。

ボーダーヘアピンの編み図

3.編み方

1.土台となる編地を編む。

編み図を参考に、土台となる編地を編みます。「バック細編み」の編み方は以下のリンク「3.3.バックの縁を編む」を参考にしてください。

刺繍糸でかぎ針編み「ミニボーダーバック」の作り方

土台が編めました。縁編みで色を変更する場合は、3段目の「バック細編み」を編む時に糸の色を変更してください。

2.土台の編地に格子模様を編む

「引き抜き編み」の技法を用いて、編み地に格子を編みつけていきます。

最初に、編地の1段目細編みの隙間からかぎ針を入れ、糸を引き出します。

続いて隣の細編みの隙間にかぎ針を入れ、糸を引き出します。

そのままかぎ針に糸をかけずに、かぎ針にかかっているループを引き抜きます。

引き抜き編みが1目編めました。

同様に、細編みの隙間にかぎ針を入れて、1列引き抜き編みを編みつけます。編み終わりはループを伸ばしてかぎ針を抜きます。

そのままループを伸ばして、一度糸端を全て表側に出します。続いて表側に出した糸端を、隙間から裏へ戻します。

裏へ出した糸で2つ目の引き抜き編みを編んでいきます。細編みの隙間からかぎ針を入れ、糸を引き出してください。

裏から見るとこのように糸が繋がっています。

編み終わりで糸を引き出す→裏へ戻す を繰り返して格子模様になるように、引き抜き編みを編みます。編む場所は縦2本、横2本になるようにお好みで決めてください。引き抜き編みが編み終わったら、糸端はカットして目立たない所に処理します。

3.鎖編みでコードを編み、パッチンピンを包む

鎖編みを100目程度編みます。短いと編みなおしになりますが、長ければ後で解けるので、少し長めに編むことをお勧めします。かぎ針にかかっているループは、引き伸ばしてかぎ針を抜いてください。

毛糸針に編んだ鎖を通し、パッチンピンにグルグルと巻き付けていきます。。

画像は1周巻き終わったところです。余った鎖目を最初に残しておいたループに通して、ループを引き締めてください。毛糸針から残ったコードを抜き、解きます。

解いた糸をピンに巻き付けたコードの中に通し、カットして糸端を処理します。

4.パッチンピンと編み地を縫い付ける

ループを引き締めた糸をある程度の長さを残してカットし、刺繍針に通します。

編地とパッチンピンに巻き付けた鎖のコードを拾って、縫い合わせていきます。

ピンの根本の部分は、編地と鎖のコードを往復しながら縫い糸で包んでいきます。

パッチンピンを裏から見たところです。根本の部分が隠れるように縫い包んでください。

パッチンピンの完成です!

こちらは色違いです。縁と格子の模様を同じ色で編みました。夏向けの爽やかな色合いになりました。

裏から見るとこのようになります。

もう少しレース感のあるピンも編んでみたいので、考えてみようかなと思いつつ。。どなたかのご参考になれば嬉しいです。お好みの色で編んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました