刺繍糸でかぎ針編み「メロン」の作り方

刺繍糸でかぎ針編み「メロン」の作り方あみぐるみ

刺繍糸を使ってかぎ針で編むマスコット第11弾はメロンです。

薄いグリーンの糸でメロンを編み、白い糸でネットを刺繍しました。

えんぴつキャップに付けて作る場合は、土台となる本体の作成はこちらの記事を参考にしてください。

刺繍糸を使った「えんぴつキャップ」の作り方

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸 2色(メロン、ネット用)、綿、かぎ針 2号、刺繍針、ピンセット(あるとお勧めです)

ダイソーの刺繍糸1束でメロン本体を1つ作成出来ます。

ネット用の刺繍糸と綿は少量用意してください。

 

2.編み図

メロンの編み図です。本体部は細編みで編み、ヘタは鎖編みと伏せ編みで編みます。編み図をクリックしていだたくと大きくなります。

3.作り方

1.本体を作成する

編み図の通りに本体を編み、編み終わりの糸を長めに残します。開き口から綿を詰めてください。

2.ネット刺繍する

ネット部分を白い刺繍糸で刺繍します。ここではストレートステッチで刺繍しました。メロン本体を編み終わった時に長めに残しておいた糸で、開き口を絞り止めします。

3.本体から続けてヘタを編む

絞り止めした糸でヘタの部分を編み図の通りに編みます。

編み図の通りに編み終わったら糸を刺繍針へ通し、本体を通じて目立たない所に処理をしたら完成です。

出来上がったメロンをえんぴつキャップの本体へ縫い留めてみました。

なかなか存在感のあるメロンが出来ました。皆さまもお好きな刺繍糸で作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました