刺繍糸でかぎ針編み「麦わら帽子」の作り方

刺繍糸でかぎ針編み「麦わら帽子」の作り方あみぐるみ

刺繍糸で編むマスコット第2弾は麦わら帽子です。

バザーでも「えんぴつキャップ」が帽子を被っているようで可愛いと評判でした。

えんぴつキャップに付けて作る場合は、土台となる本体の作成はこちらの記事を参考にしてください。

刺繍糸を使った「えんぴつキャップ」の作り方

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸 2色、かぎ針 2号、刺繍針

ダイソーの刺繍糸1束で帽子1つが作成出来ます。

リボン用の刺繍糸もある程度の長さを用意してください。

2.編み図

麦わら帽子の編み図です。編み図をクリックしていただくと大きくなります。

全て細編みのすじ編みで編みます。

3.作り方

1.帽子を編む

わの作り目から始め、本体を編み図の通りに増し目をしながら細編みのすじ編みで編みます。最後の段は模様編みで終え、糸の始末をしてください。

2.リボンを編みつける

帽子の5段目にりぼん用の刺繍糸で、引き抜き編みをしながらリボンを編みつけます。

5段目の細編みに編み針を入れ、糸を引き出してから、引き出した糸に針にもともとかかっていた目を被せます。この時、最終的にりぼん結びをするので、編み初めの糸は多めに残しておいてください。

ぐるりと一周編み終えたら、糸をりぼん結びします。

出来上がった帽子を、えんぴつキャップの本体へ縫い留めて完成です!

ちなみにキャップにえんぴつを付けてみた画像がこちら

小さめのマスコットなどに帽子を被せても可愛いです。

リ〇ちゃん人形に被せるには少し小さいかなと。

色々な色で作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました