刺しゅう糸でかぎ針編み「麦わら帽子」編み図と編み方

刺繍糸でかぎ針編み「麦わら帽子」の作り方あみぐるみ

えんぴつキャップの上に付ける「あみぐるみ」シリーズの第2弾は「麦わら帽子」です。

小学校のバザーでも、「えんぴつキャップ」が帽子をかぶっているようで可愛いと評判でした。

土台となる「えんぴつキャップカバー」の編み方は、以下のリンクを参考にしてください。

刺しゅう糸でかぎ針編み「えんぴつキャップカバー」の編み方

小さいサイズの帽子は、手持ちのマスコットなどにかぶせても可愛いと思います。

編み図と編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.材料

刺しゅう糸 2色(帽子用 1束(8m)、リボン用 少々)、かぎ針 2号、刺しゅう針

※ダイソーの刺しゅう糸1束で「麦わら帽子」が1つ作成出来ます。りぼん用の刺しゅう糸もある程度の長さを用意してください。

 

2.編み図

編み図をクリックしていただくと、画像が大きくなります。

編み記号の「細編み」は、すべて前段の「細編み」の頭奥1本を拾って編む、「細編みのすじ編み」で編みます。

 

3.編み方

1.「麦わら帽子」本体を編む

「わ」の作り目から編みはじめ、本体を編み図の通りに増し目をしながら、「細編みのすじ編み」で編みます。最後の段は「模様編み」で編み終え、余分な糸の始末をしてください。

 

2.リボンを編む

麦わら帽子の5段めに、りぼん用の刺しゅう糸で「引き抜き編み」をしながらリボンを編みつけます。

最後に「りぼん結び」をする用に、編みはじめの糸は多めに残しておきます。麦わら帽子5段めの「細編み」にかぎ針を入れ、針先に糸をかけて引き出します。

今度は針先に糸をかけずに、引き出したループでもともとかぎ針にかかっていたループを引き抜きます。ぐるりと一周編み終えたら、かぎ針にかかっているループを引き抜いて糸端を出し、最初に残しておいた糸と編み終わりの糸を使って「りぼん結び」をします。

出来上がった麦わら帽子を、えんぴつキャップカバーの本体へ縫い留めて完成です!

実際に、えんぴつキャップを付けてみました。良い感じです♪

リ〇ちゃん人形にかぶせるには、少し小さいかなと。。

帽子の中に綿を詰めて、フタを編み、ヘアピンやヘアゴムに仕立てても可愛いと思います。

お好きな糸で作成してみてください。

どなたかの参考にしていただけたら嬉しいです。

 

タイトルとURLをコピーしました