刺しゅう糸でかぎ針編み「キャンディのあみぐるみ」編み図と編み方

刺繍糸でかぎ針編み「キャンディ」の作り方あみぐるみ

えんぴつキャップの上に付ける「あみぐるみ」シリーズの第1弾は「キャンディ」です。

今回は単色の刺しゅう糸で作成しましたが、グラデーションの糸で作成するのもおススメです。

土台となる「えんぴつキャップカバー」の編み方は、以下のリンクを参考にしてください。

刺しゅう糸でかぎ針編み「えんぴつキャップカバー」の編み方

出来上がりは小さいあみぐるみになるので、キーホルダーやストラップ、ヘアゴムなどに仕立てても可愛いと思います。編み図と編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.材料

刺しゅう糸 2色(キャンディ用 1束(8m)、リボン用 少々)、綿 少々、かぎ針 2号、刺しゅう針、ピンセット(あると綿を入れる時に便利です)

 

※ダイソーの刺しゅう糸1束で「あみぐるみ」1つ作成出来ます。りぼん用の刺しゅう糸と綿は、少量あれば大丈夫です。

 

2.編み図

編み図をクリックしていただくと、画像が大きくなります。

キャンディの中央本体の編み図です。すべて「細編み」で編みます。

キャンディの横の部分の編み図です。編み終わったら、中央を絞り留めにしてください。

 

3.編み方

1.本体を編む

編み図にしたがい本体を編み進め、6段めが編み終わったら綿を入れます。

この時にピンセットを使って綿を入れると、とても入れやすいです。

綿を入れ終わったら、最後の段を減らし目をしながら編み進め、編み終わりの処理をします。

 

2.横のヒダを編む

キャンディの横の部分を編み図にしたがい、編み進めます。

このまま中央に編み終わりの糸を移動し、中央を「なみ縫い」して、糸を絞ります。

各パーツが出来ました。

 

3.パーツの組み立て方

はじめに、ヒダを本体に縫い留めます。

ヒダと本体の接続部分を隠すように、リボン用の刺しゅう糸で「リボン結び」をします。

出来上がったキャンディを、「えんぴつキャップカバー」へ縫い留めて完成です!

刺繍糸でかぎ針編み「キャンディ」の作り方

太い糸で作成して、大きなキャンディの「あみぐるみ」にするのもおススメです。

お好きな糸で作成してみてください。

どなたかの参考にしていただけたら嬉しいです。

 

タイトルとURLをコピーしました