ダイソー刺しゅう糸「パール調カラー」を使って編む「くじらのあみぐるみ」の作り方

ダイソー刺繍糸パール調カラーで編む「くじらのあみぐるみ」の作り方あみぐるみ

ダイソーで購入した「パール調カラー」という刺しゅう糸を使ってモチーフ(マスコット?)を作ろうシリーズ第4弾です。

パール調カラーの使用感は以下のリンクを参考にしてください。

ダイソー刺しゅう糸「パール調カラー」を使って編む「星のモチーフ」の作り方

第4弾は「くじらのあみぐるみ」を編みました。パール調のライトブルーを見ていると「くじら」を編んでみたくなり、作ってみたらなかなか可愛く出来ました。刺繍糸が余ったのでポンポンを作ろうとしたら、そちらは無念の失敗。。糸がもったいないのでホウキ風に仕立ててみました。では、作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

「くじらのあみぐるみ」の作り方

わかりやすいようにブルーの綿の刺繍糸でご説明します。かぎ針は2号を使用しています。

1.くじらの体を編む

「わ」の作り目6目から始め、2段目は細編み1目に2目編み入れる増し目をしながら全部で6目増。3、4段目は増減無しで12目編みます。

2.くじらの尾を編む

「くじらの尾」は以下の編み図を参考にしてください。

くじらの体4段目から続けて編みます。立ち上がりの鎖目を編んだ後、前段の細編みの頭を拾って、尾の1段目細編みを2目編みます。

2段目は立ち上がりの鎖目を編んだ後、細編み1目、細編み1目に2目編み入れる増し目で全部で3目編みます。

3段目は模様編みをします。立ち上がりの鎖目を編んだ後、前段の細編みの頭を拾って、細編み1目、中長編み1目、細編み1目の3目を編み入れます。2目めは引き抜き編みをします。3目めは1目めと同様に模様編みを編み、かぎ針にかかっている輪を引き抜きます。後程「くじらのお腹」を縫い合わせるので、糸端は長めに残してください。

3.くじらのお腹を編む

「わ」の作り目6目から始め、2段目は細編み1目に2目編み入れる増し目をしながら全部で6目増。3段目は増減無しで12目編みます。編み終わりは輪を引き抜き、糸端は目立たない所に処理してください。

4.くじらの体とお腹を縫い合わせる

残しておいた糸端を刺繍針に通し、尾の目立たない所を通して本体とお腹をグルリと縫い合わせます。縫い合わせる方法はお好みで大丈夫ですが、私は細編みの頭同士を拾って並縫いのように縫い合わせました。

開き口を残して綿を詰め、開き口を閉じて目立たない所に処理します。

5.目を刺繍する

黒の刺繍糸を使い、目をフレンチノットで刺繍しました。ビーズ等を付けても可愛いと思います。

正面から見るとこんな感じです。

ここからパール調カラーの刺繍糸で作った「くじら」をご紹介します。使用した糸は3色。パール調カラーのライトブルー3m、ホワイト1m、黒の刺繍糸 少量 を使いました。かぎ針は2号です。

ライトブルーの刺繍糸が1m程余ったので、以前から作ってみたかったフォークを使ったポンポンにチャレンジしてみました。

フォークに糸を巻き付け、中央を糸で縛ります。

糸が跳ね返ってしまって巻き辛かったのですが何とか巻き終え、中央の糸が緩かったので綿の刺繍糸でさらに縛りました。

両端を切ってみるとあらビックリ。全然フワッとしません。。完全に糸が足りませんでした。。無念。

もう糸端をカットしてしまったのでこのまま何か作れないかと考え、結局ビーズを付けてホウキのオブジェ(?)を作ってみました。

ホウキに見えなくもないかなと。。せっかくなので並べてみました。

ホウキはともかく。。「くじら」はなかなか可愛く出来ました!丸環を付けてストラップやキーホルダーにするのもお勧めです。皆さまも作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました