刺繍糸でかぎ針編み「イチゴ」の作り方

刺繍糸でかぎ針編み「イチゴ」の作り方あみぐるみ

刺繍糸で編むマスコット第10弾はイチゴです。

ピンク色のイチゴに、白い糸でタネを刺繍しました。

えんぴつキャップに付けて作る場合は、土台となる本体の作成はこちらの記事を参考にしてください。

刺繍糸を使った「えんぴつキャップ」の作り方

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸 3色(イチゴ、ヘタ、タネ用)、綿、かぎ針 2号、刺繍針、ピンセット(あるとお勧めです)

ダイソーの刺繍糸1束でイチゴ本体を1つ作成出来ます。

ヘタ用の刺繍糸は少し多めに、タネの刺繍糸と綿は少量用意してください。

 

2.編み図

どちらの編み図も編み図をクリックしていだたくと大きくなります。

イチゴ本体の編み図です。全て細編みで編みます。

イチゴのヘタ部分の編み図です。編み終わりの糸は長めに残してください。

 

3.作り方

1.本体を作成する

編み図の通りに各パーツを編みます。

2.タネを刺繍し、綿を詰める

タネをフレンチノットで刺繍し、上部から綿を詰めます。

3.本体をヘタを縫い合わせる

ヘタを本体へ被せて、残しておいたヘタの編み終わりの糸で縫い留めます。

一周縫い付けたらヘタの上部へ糸を出し、軸を作ってから糸の始末をしてください。

出来上がったイチゴを、えんぴつキャップの本体へ縫い留めみました。

ヘアゴム等にしても可愛いと思います。お好きな刺繍糸で作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました