刺しゅう糸でかぎ針編み「イチゴ」の編み図と編み方

刺繍糸でかぎ針編み「イチゴ」の作り方あみぐるみ

ちび「あみぐるみ」シリーズの10作目は「イチゴ」の作り方をご紹介します。

ピンク色の糸で編んだイチゴモチーフに、白い糸を使ってタネを刺しゅうしました。

土台となる「えんぴつキャップカバー」の編み方は、以下のリンクを参考にしてください。

刺しゅう糸でかぎ針編み「えんぴつキャップカバー」の編み方

出来上がりのサイズが小さいモチーフなので、ヘアゴムやキーホルダー、ストラップなどに仕立てても可愛いと思います。編み図と編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.材料

刺しゅう糸 (イチゴ) 約2m、(ヘタ) 約1m30cm、(タネ) 約1m

かぎ針 2号、刺しゅう針、綿(わた) 少々、ピンセット(あるとお勧めです)

 

※モチーフの中に入れる綿は、残った刺しゅう糸でも代用可能です。

 

2.編み図と編み方

編み図をクリックしていただくと、画像が大きくなります。

1.イチゴ本体を編む

イチゴ本体の編み図です。すべて「細編み」で編みます。

「わ」の中に5目「細編み」の作り目から編みはじめ、編み図の通りに目数を増減しながら本体を編みます。

 

2.ヘタを編む

イチゴのヘタ部分の編み図です。

はじめに「わ」の中に5目「細編み」を編み、「わ」を縮めて1目めに「引き抜き編み」を編みます。

続けて5目「鎖編み」を編み、前段の「細編み」の頭1目め(画像の→の箇所)に「引き抜き編み」を編みます。

続いて、前段の「細編み」の頭2目め(画像の→の箇所)に「引き抜き編み」を編み、

ヘタの編み開始位置をずらします。

そのまま「鎖編み」を5目編み、

先ほどと同様の目(前段の「細編み」の頭2目)に「引き抜き編み」を編みます。

以下同様に、編み図の通りに編みます。編み終わりはループを引き伸ばしてかぎ針を抜き、糸端をループに通して糸端を引き、ループを縮めます。編み終わりの糸は後程使用するので、長いまま休めておいてください。

 

3.タネを刺しゅうし、綿を詰める

白い糸で「タネ」を刺しゅうします。「タネ」は「フレンチノット」で刺しゅうしていきます。

イチゴ本体の中から針を通し、編地下から2段めあたりに糸を出します。

糸を出した箇所の根本に針を置いて、針に糸を2回巻きます。

針にかけた糸が緩まないように、糸を少し引きながら編地に垂直に針を刺します。このとき段の隙間に針をさしてしまうと、フレンチノットが埋もれてしまうので、編地の糸を割って針を入れるようにしてください。

そのまま針を引き、糸を通します。針にかかっていた糸が、縫い留められるような刺しゅうになります。

バランスを見ながら、お好みのところに刺しゅうをしてください。

刺しゅうが終わったら、開き口から綿(わた)か、残った刺しゅう糸を入れます。ピンセットを使うと作業をしやすいです。

 

4.ヘタと本体を縫い合わせる

「ヘタ」で残した糸端を刺しゅう針へ通します。イチゴ本体へ「ヘタ」を付けて、

ヘタの1段めの「細編み」の足と本体の開き口の目を合わせるように縫います。最後は、中央から糸を出してください。

仕上げに「ヘタ」の上部に軸を作ります。かぎ針などを使ってループを作り、

軸の糸を縫い留めて余分な糸端をカットしたら「イチゴ」の完成です!

大きさは、約2cmほどになります。

出来上がったイチゴを、えんぴつキャップカバーの本体へ縫い留めました。

皆さまもお好きな色の糸で編んでみてください♪

読んでいただいてありがとうございました。どなたかの参考にしていただけたら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました