刺繍糸でかぎ針編み「ティーポット」の作り方

刺繍糸でかぎ針編み「ティーポット」の作り方あみぐるみ

刺繍糸で編むマスコット第5弾はティーポットです。

コーヒーカップと同様に目と口を刺繍して、美女と野〇風に仕上げてみました。

えんぴつキャップに付けて作る場合は、土台となる本体の作成はこちらの記事を参考にしてください。

刺繍糸を使った「えんぴつキャップ」の作り方

 

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸 3色(ポット本体、ポットフタ一部、目&口)、綿、かぎ針 2号、刺繍針、ピンセット(あるとお勧めです)

ダイソーの刺繍糸1束でポット本体を1つ作成出来ます。

ポットフタ一部と目&口の刺繍用の糸、綿は少量で大丈夫です。

 

2.編み図

編み図をクリックしていただくと大きくなります。

ティーポットの本体の編み図です。持ち手部分以外は全て細編みで編みます。

こちらも全て細編みで編みます。

ポットの下につけるお皿です。細編みで編みます。

3.作り方

1.パーツを作成する

各パーツを編み図の通りに編みます。

ポットの持ち手部分は、6段目を編み終わったら続けて鎖編みを6目編み、7目めをポット本体の開始2段目に引き抜き編みで編みつけます。

鎖編みに引き抜き編みを編みながらポット本体へ引き返し、本体の目立たないところに糸端の処理をします。

2.ポットのフタに取っ手を付ける

ポットのフタに色の違う刺繍糸で取っ手を縫い付けます。

縫い付けるときにかぎ針を輪に通しておくと、取っ手の長さを整えやすいです。

刺繍糸を縫い留めて、カギ針を外したところです。

3.お皿をポットの底に縫い付け、顔を刺繍する

顔刺繍用の糸で、目と口を刺繍します。写真の目はフレンチノット。まつ毛と口はストレートステッチで刺しました。お好きな表情で作成してください。

4.フタをポットの本体へ取り付ける

ポットのフタと本体を合わせて、違う色の糸で2目同時に合わせた部分を拾い目しながら細編みで閉じていきます。

ポット本体の注ぎ口はポットのフタのみ拾い目をして、注ぎ口が立体的に飛び出るようにしてください。

半分ほど閉じ終わったら開き口から綿を詰め、再び細編みで開き口を閉じてから糸の始末をします。

出来上がったティーポットを本体へ綴じ付けて完成です。

表情を変えたり顔の刺繍をせずにシンプルにしたりと、色々アレンジが出来るのでご自分の好みに合わせて作成してみてください。

タイトルとURLをコピーしました