刺繍糸でかぎ針編み「立体フラワー」の作り方

刺繍糸でかぎ針編み「立体フラワー」の作り方あみぐるみ

刺繍糸で編むマスコット第8弾は立体フラワーです。

立体と名付けながら「巻きバラ」よりは平面に近い形ですが、5枚の花弁が丸い形の可愛いお花が出来ました。

えんぴつキャップに付けて作る場合は、土台となる本体の作成はこちらの記事を参考にしてください。

刺繍糸を使った「えんぴつキャップ」の作り方

 

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸 2色、かぎ針 2号、刺繍針

ダイソーの刺繍糸1束でお花本体が1つ作成出来ます。

花芯を作成する糸もある程度の長さを確保してください。

2.編み図

どちらの編み図も編み図をクリックしていだたくと大きくなります。

お花本体の編み図です。

花芯部分の編み図です。編み終わりの糸は長めに残してください。

3.作り方

1.各パーツを作成する

編み図の通りに各パーツを編みます。

編み終わりの糸は、花芯部のパーツだけ長めに残してください。

2.立体フラワーを組み立てる

立体フラワー本体に花芯を重ねて、花芯の編み終わりの糸を使って本体へ縫い付けます。

なみ縫いでもまつり縫いでも大丈夫です。

出来上がった立体フラワーを、えんぴつキャップの本体へ縫い留めて完成です!

緑の刺繍糸で作った「えんぴつキャップカバー」の上に花を付けたら、サボテンの花のようにもなります。様々なアレンジを楽しんでみてください。

タイトルとURLをコピーしました