刺繍糸でかぎ針編み「カエル」の編み方

刺繍糸でかぎ針編み「カエル」の編み方季節の飾り

6月がテーマの季節の飾りシリーズ、今回は「カエル」を編んでみました。体のバランスを取るのが難しかったのですが、可愛い「カエル」が編めたので、編み図と編み方ご紹介します。

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸(カエルのメイン色) ・・・約12m

刺繍糸(目、カエルのお腹)2色 ・・・約2m

かぎ針 3号、刺繍針、余り糸または綿 少々

※今回は以下の材料を使って編んでいきます。ダイソーの刺繍糸です。画像には無いのですが、途中カエルのメイン色の糸が足りなくなったので、刺繍糸の束をもう一本追加しています。あみぐるみに詰めている余り糸は綿でも大丈夫です。使い切れなかった余り糸は取っておくと綿代わりに使えて便利です。

 

2.編み図

画像をクリックしていただくとおおきくなります。

編み図に従い、糸の色を変更しながら、カエルの頭は1つ、目は2つ編んでください。

カエル(頭)の編み図

こちらも糸の色を変更しながら、体は1つ、手と足はそれぞれ2つ編んでください。

カエル(体)の編み図

それぞれのパーツを編み終わったら、頭と体に余り糸または綿を詰め、頭と目を縫い付け、顔に刺繍をし、体にも手と足を縫い付け、頭と体を繋げて完成です。

3.編み方

1.カエルの「頭」&「目」を編む

編み図に従い、顔の中央部分口から下の色を変更しながら、顔パーツを編みます。編み終わりは縫い付けように糸端を長めに残してください。開き口から余り糸または綿を詰めます。ピンセットを使用すると糸が詰めやすいです。

どら焼きをイメージして形を整えてください。

続いて「目」を編みます。黒い糸で「わ」を作り、4目「細編み」を編み入れてください。

糸端を引いて「わ」を引き絞ります。刺繍針に糸端を通し、「最初の細編みの頭」→「最後の細編みの頭」の順に針を通して閉じます。

続いて細編みの足に糸端を通して処理をします。余った糸端はカットせずにそのまま残しておいてください。

カエルのメイン色で2段目以降を編みます。1段目の細編みの頭を拾って糸を付けます。

編み図に従い、増し目をしながら2段目を編みます。

続いて3,4段目を編み終わったら、ある程度長さを残して糸端をカットし、針に通します。ここで、ピンセットなどを用いて残しておいた黒い糸の糸端を内部に詰めてください。

最終段の目をぐしぐしと拾って絞り止めし、内部に針を通して下から糸を出します。

そのまま「頭」に「目」を縫い付けます。「目」の位置で表情が変わるので、お好みの位置に縫い付けてください。

もう片方も目を編んで縫い付け、顔に口と鼻を刺繍します。口はストレートステッチ、鼻はフレンチノットステッチで刺繍しました。カエルの顔完成です。

2.カエルの「体」&「手」「足」を編む

編み図に従い、体の中央部分お腹の色を変更しながら、体パーツを編みます。開き口から余り糸または綿を詰めます。

「頭」と「体」を編み終わった時点でダイソーの刺繍糸が1束無くなってしまいました。。「手」と「足」を編まないダルマのような「カエル」ならば刺繍糸1束で出来そうです。今回は「手」と「足」も編みたいので、似た色をもう1束投入します。

次は「手」を編んでいきます。鎖編み3目を編んだ後、3目めの鎖編みに鎖3目の「ピコット編み」を3つ編み入れ、続いて伏せ編みをしながら編み始めに戻ります。編み終わりはある程度長さを残して糸をカットし、作り目の糸端と一緒に鎖編みを編み、そのままループを引き抜いてください。同じものをもう1つ編みます。

「足」を編みます。「手」と同様に、鎖編み10目を編んだ後、「ピコット編み」を3つ編みます。4目は「伏せ編み」で編み戻り、5,6目は鎖編みの裏山を拾って細編み2目1度を編みます。残りも「伏せ編み」で編み戻り、編み終わりは作り目の糸端と一緒に鎖編みを編み、そのままループを引き抜いてください。

糸の片方を針に通し、足首の辺りに針を通します。

そのまま「足」が「わ」になるように縫い付けてください。同じものをもう1つ編みます。

「手」と「足」を「体」に縫い付けます。お好きなポーズになるようにバランスを見ながら縫い付けてください。

「頭」を縫い付けて「カエル」の完成です!!少し斜め上を見ているような「カエル」になりました(笑)。あみぐるみはちょっとした加減で表情が変わるのが魅力です。

6月の季節飾りを集合させてみました!皆さまもそれぞれのお気に入りを編んでみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました