かぎ針編み「ポインセチア」の編み方

かぎ針編み「ポインセチア」の編み方お花モチーフ

今回は12月を代表するお花「ポインセチア」を編んでみました。クリスマスと言えばポインセチア。クリスマスフラワーとも言われているそうです。12月の誕生花にもなっていて、花言葉は「祝福」「幸運を祈る」などなど。赤の他にも、白やピンクなどのお花もあります。お好みのカラーで編んでみてください。編み図と編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.材料

レース糸(花びら) ・・・約1g

レース糸(葉)   ・・・約1g

パールビーズ(直径5㎜) 5個、かぎ針 3号、縫い針

※クリスマスオーナメントを作った後の余り糸で編みました。ダイソーで購入した糸です。ポインセチアを2つ編み終わってもまだまだ糸が残っているので、今後も大活躍しそうです。とても編みやすく、コスパ最強です。

 

2.編み図

以下、編み図をクリックしていただくと画像が大きくなります。

1.葉の編み図

基本的に全て目数が違うだけで、葉も花も編み方は同じです。

1段めは鎖編みの作り目を7目編み、作り目の裏山を拾いながら「細編み」で引き返して編み、再び鎖編みの作り目を7目・・・を繰り返しながら、つなげて編みすすめます。2段めの編み始めは、1段めの作り目に「引き抜き編み」を編むところから始めます。ここで初めて編地が「わ」になります。続けて、1段めの周囲を拾いながら編み図にしたがい、模様編みを編み入れていきます。

2.花びら2段めの編み図

鎖編みの作り目が5目になっただけで、編み方は葉と同様です。模様編みが2目減っている分、1番長い目が「中長編み」になっているので気を付けてください。

 

3.花びら1段めの編み図

こちらも、鎖編みの作り目が3目になっただけで、編み方は葉と同様です。模様編みが2目減っている分、1番長い目が「細編み」になっているので気を付けてください。

お気づきのとおり、花びらが1段増えるごとに、鎖編みの作り目が2目ずつ増えています。花びらをもっと重ねたい方は、鎖編みの作り目を2目ずつ増やして編み、さらに模様編みの中央にくる1番長い目も「長々編み」や「3つ巻き長編み」等つど変えて編んでください。

 

スポンサーリンク

 

3.編み方

1.ポインセチアの花と葉を編む

画像は、花びら2枚めの1段めを編んでいるところです。鎖編みと細編みの連続を5回編んだ後、1目めの作り目に「引き抜き編み」をすることで初めて「わ」になります。

そのまま続けて2目めに「細編み」→「中長編み」→「細編み」・・・を繰り返しながら編んでいきます。編み終わりの糸は、1枚めの花びらと葉の部分は後程使用するので、長めに残してカットしてください。

3枚編み終わりました。3枚それぞれの編み始めの糸と、2枚めの編み終わりの糸は、編地の目立たないところに通して糸端をカットしてください。

 

2.ポインセチアを組み立てる

3枚を花びらが交互に見えるように重ね、花びら1枚めで残して置いた糸を使って、中央で縫い付けます。縫い終わりの糸は、編地の目立たないところに通してカットしてください。

葉で残して置いた糸を使って、パールビーズを縫い付けていきます。花びら1枚1枚の根本にビーズを縫い付けてください。

ビーズの向きを整えて完成です。中央の空白が気になる方は、もう1個ビーズを中央に置いて、ボンドで付けても可愛いと思います。お好みで作ってみてください。

大きさは、約5㎝×5㎝程になります。花をたくさん作ってカゴ等に飾り、より本物の花に近づけてみたり、花をヘアピンやヘアゴムに仕立てて髪に飾り、さりげなくクリスマス気分を盛り上げてみるのもおススメです。皆さまもぜひ編んでみてください♪

タイトルとURLをコピーしました