刺繍糸でかぎ針編み「ミニ巾着バック」の編み方

刺繍糸でかぎ針編み「ミニ巾着バック」の編み方バッグ

花粉症の辛い時期になってきたので、持ち歩きに便利な目薬入れを編みたくて、刺繍糸を使ってかぎ針編みで「ミニ巾着バック」を編んでみました。手持ちの糸で色を組み合わせたので、若干色味がジャマイカ風ですが。。使い勝手の良いミニバックが編めました。編み図と編み方をご紹介します。

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸 約10g、かぎ針 3号、足の付いたボタン、ストラップの金具、糸巻き(あると便利です。私はセリアで購入しました)

※今回は色味の多いストライプの模様にしたかったので、ダイソーの刺繍糸7束を使って編みました。

本体が編み終わった時点の残り糸です。底の茶色は1束使い切りましたが、他の糸は紐で使用した糸以外はほぼ半分ほど残りました。ご参考まで。

2.編み図

画像をクリックしていただくとおおきくなります。「わ」の中に細編み6目から始め、6目ずつ増し目をしながら底を6段編みます。7,8,9段は増減無しで編み、側面の1段目は糸の色を3目ずつ変更しながら増減無しで細編みを編みます。側面2段目以降は長編みと長編みの表引き上げ編みを3目ずつ交互に編み、最後の段は細編みを編みます。紐を編んで通したら完成です。

刺繍糸で編む「ミニ巾着バック」の編み図

3.編み方

1.巾着の底を編む

「わ」の中に細編み6目の作り目から編み始め、6段目までは毎回6目増し目をしながら細編みを編みます。7,8,9段目は増減無しで細編みを編んでください。

2.巾着の側面を編む

側面用の刺繍糸をそれぞれ2つに分けて糸巻きに巻きました。画像の糸巻きはセリアで購入したものですが、使い勝手が良くてお気に入りです。今回私は色を多く使用したのでストライプの本数分糸巻きをしましたが、色を少なくして編みくるみながら糸を横に渡して編みたいという方は、12個揃えなくても大丈夫です。

最後の引き抜き編みをするときに糸を変えます。

以降編み図に従い1段目は糸を3目ずつ変更しながら細編みを編んでいきます。糸を変える時は、1つ前の編み目を完成させる1歩手前の、最後の糸を引き抜くタイミングで変更したい糸を通します。

詳しい手順は以下のリンクの「編み方:3.2段目以降を編む」の画像1と2を参考にしてください。

刺繍糸でかぎ針編み「ふくろうのお守り」の編み方

画像は全ての糸を繋げ終わった状態です。長編みの引き上げ編みの箇所が緑色、長編みの箇所が黄色系にしています。かなりカオスです。糸が短すぎても長すぎても絡まるので、ベストな位置(おそらく10㎝程度)をキープしながら編んでください。2段目を編む前に、各色糸端を目立たない所に処理してください。細編みを編むときに糸端を一緒に編みくるんでも良いです。糸が多すぎるので絡まる要素を少しでも早めに処理してしまいましょう。

側面の2段目以降は3目ずつ糸と編み方を変更して編みます。糸は左端にあるので、編むときに右側に持ってきて編んでください。裏からみると斜めに糸が渡った状態になります。糸を引きすぎると歪むので気を付けてください。長編みの表引き上げ編みの編み方は以下のリンクを参考にしてください。「わ」で編んでいるので全て表引き上げ編みで編みます。

かぎ針編みの模様(その13)ー長編みの引き上げ編みの編み方

以下、糸が絡まらないように編むお勧めの編み方をご紹介します。

机やテーブルの上に糸巻きを置いた状態をキープして編んでいきます。

画像は黄色の糸から緑の糸へ変えるところです。黄色が編み終わったので糸巻きを編み地の裏を通して右側に移動します。表側から糸を移動してしまうと、次の段を編むときに糸が表側から斜めに渡ってしまうので、必ず奥側を通すように気を付けてください。次に使う緑の糸を左側にセットします。他の糸は中央に寄せて置いてください。

このまま緑の糸で長編みの表引き上げ編みを2目編み、最後の1目途中の糸を変えるところで、先ほどと同様に緑の糸を裏を通して右側に移動し、次に編むオレンジの糸を左側にセットします。黄色の糸の隣に緑の糸を置くようにしてください。

以降同様にグルグルと繰り返します。糸が絡まったら早めに解くようにすると良いです。使っていない糸は糸巻きの糸止めにセットして、糸巻きが転がって糸が伸びないように注意してください。

画像は長編み部分が編み終わった所です。

縁は細編みで編んでいきます。今回6目ずつ糸を編みくるみながら糸端をカットしつつ細編みを編みましたが、最後に糸端がぴょろぴょろ出てきてしまいました。。全て編み終わった後に糸端を長めにカットして、目立たない所に処理したほうが綺麗に仕上がるかもしれません。。お好みで編んでみてください。

3.巾着のコードを編み、取り付ける

持ち手と巾着の紐部分用にスレッドコードを2本編みます。それぞれ20㎝程度あれば大丈夫です。持ち手部は編み始めと編み終わりにリボン結びをする長さ(10㎝)の糸端を残して編んでください。

コードの編み方は以下のリンクを参考にしてください。

ダイソー刺しゅう糸「グリッターカラー」を使って「スレッドコード」で編むブレスレットの作り方

巾着の正面を決めたら、裏中央の引き上げ編みの箇所にコードを通していきます。

ボタンの足の部分にコードを通して抜けないようにコードの端を玉結びします。ボタンの足にコードを通すときは、2号のかぎ針を使ってコードを引っ掛けて通しました。針金や糸通し等を使っても良いかと思います。

ボタンを引き締めたら巾着の開閉部完成です。

続いて持ち手です。ストラップの金具を画像の様に分解します。

ストラップの外した金具の輪にコードを通し、金具をもう片方の側面に引っ掛け、反対側にコードの端を画像のように通します。目の間からかぎ針を入れて通せば簡単に通ります。

通した糸端をリボン結びにします。解けないように固く結んでください。リボン部分を2重に結ぶと良いです。

完成です!お疲れ様でした!

上から見るとこのような感じです。

目薬を入れてみます。

取り出しやすくて良い感じです。

バックに取り付けてみました。なかなか良い感じです。

もう少し色を少なくしても良かったかもしれません。。実際に使ってみると想像以上に良い仕事をしてくれたので、色違いで何個か揃えたいと思います。皆さまもぜひ編んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました