刺繍糸でかぎ針編み「スクエアヘアゴム」の編み方

刺繍糸でかぎ針編み「スクエアヘアゴム」の編み方アクセサリー

パステルカラーのヘアゴムを編みたくて、刺繍糸を使ってかぎ針編みで「スクエアヘアゴム」を編んでみました。ボール紙を中に入れて補強しています。少量の刺繍糸で編めるので量産することも出来、小学校等のバザー手芸品にもお勧めです。編み方をご紹介します。

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸(2色) ・・・約5g

2.5㎝角のボール紙 ・・・2枚(中央2か所に穴を開け、角を丸くカットしたもの)

ヘアゴム ・・・10㎝程度

かぎ針 2号

※今回もダイソー刺繍糸を使用しています。ミントカラーは糸巻きに巻いていますが、ほぼ1本分あります。

本体が編み終わった時点の残り糸です。ご参考まで。

2.編み方

1.ヘアゴム本体を編む

鎖編み18目の作り目を「わ」にし、1段目は作り目の裏山を拾って「細編み」を編みます。2段目以降は前段の細編みの頭奥一本を拾って「細編みのすじ編み」を編んでいきます。2段編むごとに色を変更します。色を変更する1つ前の段の引き抜き編みをする時に色を変更してください。変更した糸は休ませておいて、また色を変更するときに2段前から渡して編みます。表側から糸が見えないように裏側で糸を渡してください。

全部で9段編みました。編み物は編み手によってサイズが大小するので、段数はひとつの目安です。ボール紙が隠れるくらいまでご自身で調整して編んでください。

10段目は「わ」を合わせて向かい合った細編みの頭2つを拾って細編みを9目編みます。縁編みで使用する糸を残し、もう1色の糸はカットして糸端を目立たない所に処理してください。

2.ヘアゴム本体へボール紙を入れる

ボール紙2枚をボンドで張り合わせます。ヘアゴム本体の編地中央の編み目の間にかぎ針を入れ、ヘアゴムを通します。かぎ針を使うと通しやすいです。続いてボール紙の穴からヘアゴムを通し、固く結びます。

ボール紙を編地の中に入れます。結び目部分が表になるように入れてください。

裏から見ると画像のようになります。

表から見ると結び目の部分がボコボコして目立ってしまうので、余り糸を詰めます。綿でも良いです。

画像は余り糸を詰めたところです。凹凸が目立たなくなるくらい詰めてください。

3.縁編みを編む

縁編み用に残しておいた糸で細編みを1周編みます。上下は細編みの頭や鎖目を拾って細編み、左右は段の細編みの足を拾って細編みを編み入れてください。角の部分は同じ箇所に「細編み1目」⇒「鎖目1目」⇒「細編み1目」を編み、カーブを作ります。

縁編みは「糸掛け細編み」という技法で編みました。立ち上がりの鎖目を編んだ後、前段の細編みの頭を拾って糸を引き抜きます。

かぎ針に2つループがある状態で、ループの根本にかかるように編み糸を反時計回りに1周させます。

画像のように糸が巻かれます。

そのまま糸をかけて2ループを引き抜き、細編みを完成させます。

以降同様に糸を巻きながら編んでいきます。画像は2目編み終わったところです。

1周縁編みを編み終わったら、編み終わりはループを長めに伸ばして糸を切り、糸端を毛糸針または刺繍針に通します。1目めの頭の目に針を入れ、そのまま最後の目にも針を入れ、糸を通した後、目立たない所に糸端を処理して完成です。

ボール紙の穴を斜めに開けたら、ダイヤ型のヘアゴムが出来ます。今回はパステルカラーで編みましたが、ビビットな糸で編んだらより模様がハッキリ出たかなとも思います。

皆さまもお好みの糸で編んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました