刺繍糸でかぎ針編み「ミニグラニ―バック」の作り方

刺繍糸でかぎ針編み「ミニグラニ―バック」の作り方バッグ

小物を入れる小さなバックを編みたくて、刺繍糸を使ってかぎ針編みで「ミニグラニ―バック」を編んでみました。娘のアイディアでストラップの紐を2つ絡めて留め、手持ちのバックの持ち手に付けたら、バックの中で迷子にならない小物入れになりました。なかなか可愛く出来たのでご紹介します。

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸(約8m) 4本、ボタン 1個、かぎ針 2号、刺繍針

今回は4色と3色の2パターンでバックを編んでみました。3色で編んだ黒いバックは、持ち手と縁編みを同じ色の糸で編んでいます。本体部分と持ち手部分でダイソーの刺繍糸なら1束使い切ります。残りの2色、縁編みの糸とバック上部のポイントで編む糸は4~5m程あれば大丈夫だと思います。お好みで用意してください。

2.編み方

1.グラニーバック本体部分を編む

最初にグラニ―バックの本体を編みます。「長編みの引き上げ編み」で模様編みを14目の作り目で9段編みました。編み方は以下のリンクを参考にしてください。リンク先の編み図は7段までなので、表、裏を変えてもう2段追加して編みます。

かぎ針編みの模様(その13)ー長編みの引き上げ編みの編み方

2.縁編みを編む

縁編み用の糸で本体をぐるりと細編みで編みます。上下の短い辺は目を拾って細編み、角は鎖編みを1目編み、左右の長い辺は1目に細編み3目を編み入れてください。

縁編みの編み始めの糸と本体の編み終わりの糸を編みくるみながら細編みをします。

黒いバックは持ち手と縁を両方黒色で編んでいます。

水色のバックは縁はピンク色の糸で編みました。

3.バックの上部を編む

バックの上部を編んでいきます。短い辺の角の鎖編みを拾って糸を付け、編み始めの糸端と編み終わりの糸端を編みくるみながら、細編み1目→2,3目は細編み2目1度 を繰り返し、減らし目をしながら全部で2段編みます。少しギャザーが寄ります。

4.持ち手を編む

バック上部の角に持ち手用の糸を付けます。そのまま2段色が違う部分は細編みを編みます。本体の部分は全て細編み2目1度を編みます。また色が違う部分になったら細編みを編みます。

角から持ち手部分を編みます。角から続けて鎖目を15目編んでください。

そのまま反対の角へ、鎖編みを引き抜き編みで編み留めます。

続いて色の違う部分は細編み→本体部分は細編み2目1度→再び色が違う部分は細編みを編み、もう一方のバック上部にも持ち手部分鎖編みを15目編みます。鎖目15目を持ち手部最初の細編みの目を拾って引き抜き編みで編み留めます。

持ち手部分2段目も1段目と同様に、立ち上がりの鎖目を編んだ後、上部の色が違う部分のみ細編み、本体部分は全て細編み2目1度を編んでいきます。持ち手鎖編みの箇所は、鎖目の裏山を拾って細編みを編み入れます。

持ち手部を全部で2段編んだ後、3段目は縁編みの糸を用いて増減無しで細編みを1周編みます。黒いバックは持ち手部と縁編み部が同じ色の糸なのでわかりずらいですね。。すみません。。

5.持ち手の内側を縁編みの糸で編み、ボタンホールを編む

持ち手の内側も縁編みの糸で細編みを編んでいきます。片側はボタンホールを作ります。

バック上部の色が違う部分の端に糸を付けます。糸端を編みくるみながら、細編みを編んでいきます。残り2目になったら、そこから鎖編みを編みます。

鎖目を10目ほど編みます。

編み始め2目の細編みの頭を拾って針を入れます。

そのまま引き抜き編みをして鎖編みを編み留めます。

続いて鎖編みをすっぽりと拾って、細編みを編み入れていきます。最後は鎖編み半目と細編みの頭を拾って細編みを編みます。

続けて残りの細編みをぐるりと一周編みます。もう一方の持ち手内側は全て細編みで一周編んでください。

6.持ち手部分をかがり縫いする

持ち手の縁編みの部分を合わせて、かがり縫いをします。

ボタンホールが無い方の中央にボタンを縫い付けて「ミニグラニ―バック」完成です!

黒いバックです。3色で編みました。

水色のバックです。4色で編みました。ストラップの金具をゴムを絡める要領で2つ繋げ、フックを両サイドの糸に引っ掛けました。

黒いバックを手持ちのバックに付けてみました。

自転車のカギやイヤリング、指輪など小さな物を入れておくのに便利です。色の組み合わせを変えたりボタンのデザインを変えるだけでもガラリと印象が変わります。お好みで編んでみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました