かぎ針編み「刺繍糸4束で半円ファスナーポーチ」の編み方

刺繍糸4束で編める「半円ファスナーポーチ」の編み方バッグ

イヤホンケースが欲しくて、刺繍糸4束を使って「半円ファスナーポーチ」を編んでみました。入口が大きく開くのでイヤホンを出し入れしやすく、サイズも小ぶりなポーチが出来ました。半円がキレイに編めなかったのが無念なので、もう少し改良を加える予定ですが。。せっかく編んだので記録を残したいと思います。

 

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸(1束8m)・・・4束

ファスナー 16㎝、かぎ針 3号、縫い針

※以下のダイソー刺繍糸で編んでいきます。画像には5束写っていますが、実際には各色1束計4色4束で編めました。

 

2.編み方

1.半円を編む

半円の編地を編んでいきます。2重に作った「わ」の中に「細編み」を3目編み入れます。

2重になった糸を片方引いてみて、糸端が動かない方の糸を先に引き締めます。

編地が以下の画像のようになるように、糸を引き締めてください。

続いて糸端を引いて「わ」を引き締めます。

ここからは編地を裏表にかえしながら、輪の増し目の方法を使って1段3目増で編んでいきます。以下の編み図を参考にしてください。編み図は「細編み」1目に対する増し目方法になります。今回は作り目が3目なので、1段ごとに編み図を3回繰り返して編んでください。全部で14段×32目編みます。

画像は2段めを編み終わったところです。紫の糸は8段編みました。

続いてピンク色の糸で4段編みます。最後の糸を変えるところでは、未完成の「細編み」を編み、最後のかぎ針にかかっている2ループを引き抜くところで、糸の色を変更して編んでください。

青い色の糸は2段編みます。

最後の段を編み終わったら、そのまま続けて半円の直線部分を1段ずつ目を拾いながら「細編み」で編みます。全部で27目になります。糸端は一緒に編みくるんでください。

編みくるんだ後の、出ている糸端をカットしたら編地の完成です。

同じ編地を2枚編みます。半円が少々ゆがんでしまいました。。次回改良したいと思います。。

 

スポンサーリンク

 

2.ポーチの底をつなげながら編む

最初に黒い糸で「鎖編み」を5目編みます。続いて、半円の底を拾いながら「細編み」を編みます。半円の底を27目全て拾ったら、また「鎖編み」を5目編みます。

両端の鎖目も拾って、「細編み」を増減なしで6段編みます。7段めは、「伏せ編み」で5目まで編み、かぎ針にかかっているループを引き抜きます。編地を縫うのに使うので、糸端は切らないでください。

糸端に針を通し、「巻きかがり」でもう1枚の編地を縫い付けていきます。編地の裏表に気を付けてください。

ポーチの編地が出来ました。

 

スポンサーリンク

 

3.ファスナーを縫い付ける

編地にファスナーを縫い付けていきます。ファスナーの裏側片方に、端から「鎖目5目分」の長さの所に印をつけておきます。

先にファスナーの端を縫い付けます。まずは「鎖目5目分」の所と「半円の下から5目」を合わせて縫い付けます。青い色の糸で編んでいるところは、鎖目の半目に糸を通してください。そのまま続けてファスナーをセットして縫い付けたら、また反対側の「半円の下から5目」と合わせて巻きかがります。

ポーチの端を縫い終わったら、縫い糸の色を青い糸に変更して、半円部分とファスナーを縫い付けていきます。半円のカーブに合わせて、ファスナーを待ち針で留めます。

今度は最後の段の「細編み」の足を拾いながら、「半返し縫い」で縫い付けていきます。

「半円の下から5目」のところは残しておいてください。

片面が縫い終わりました。

もう片方も同様に待ち針で留めた後、「半返し縫い」で縫い付けていきます。

両面が縫い終わりました。

最後に端を縫います。片方を待ち針で留めた後、先ほどと同様に、まずは「鎖目5目分」の所と「半円の下から5目」を合わせて縫い付けます。そのまま続けてファスナーを縫い付けたら、また反対側の「半円の下から5目」と合わせて巻きかがります。

ポーチの完成です!大きさは長さ10cm×高さ5cm程です。

ファスナーを開けると、入口は大きく開きます。

編地は細編みでしっかりと編めているので、今回は裏布をつけませんでした。

イヤフォンもすっぽりと入り、ファスナーも閉めることが出来ました♪

大きさも使い勝手もちょうど良いポーチが出来て満足なのですが、半円がきれいに編めなかったことが心残りです。。近々改良して再トライしたいと思います!

 

タイトルとURLをコピーしました