刺繍糸でかぎ針編み「ミニボーダーバック」の作り方

刺繍糸でかぎ針編み「ミニボーダーバック」の作り方バッグ

以前刺繍糸を使ってかぎ針編みで編んだ「ミニグラニ―バック」よりもう少し大きい物を収納したくなり、余りの刺繍糸を使って「ミニボーダーバック」を編んでみました。鍵やリップクリーム、目薬や飴なども入れれるサイズのバックが編めました。編み図と編み方をご紹介します。

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸 約10g、かぎ針 2号、ストラップの金具、ボタン

※今回私は刺繍糸の余りを7色組み合わせて編みました。刺繍糸の重さを参考に、お好きな色を用意してください。

2.編み図

画像をクリックしていただくとおおきくなります。鎖編みの作り目15目から始め、増し目をしながら底を楕円に編みます。側面は細編みのすじ編みでグルグルと編んでいきます。15段目はバック細編みで縁を編み、仕上げにボタンホールを編みます。

刺繍糸ミニボーダーバックの編み図

3.編み方

1.バックの底面を編む

鎖編みの作り目15目から編み始め、立ち上がりの鎖目を1目編んだら作り目の端の目にかぎ針を入れ、鎖の半目と裏山を拾って細編みを編み入れます。

続けて半目と裏山を拾って左端まで編みます。

同じところにあと2目の細編みを編み入れます。

作り目の反対側からも目を拾って編みます。作り目の残った半目を拾い、糸端も編みくるみながら細編みを編みます。

反対側の端の目には、細編みを2目編み入れます。1段目の編み終わりは、1目めの細編みの頭に引き抜きます。

このまま編み図に従い、増し目をしながら5段編みます。編み終わりは最後の細編みを編んだらそのまま針にかかったループを伸ばして糸を切り、糸をひきます。糸を閉じ針に通して段の2目めの細編みの頭の糸2本をすくい、最後の細編みの頭に針を戻します。鎖1目の大きさになるように糸を引いて形を整え、目立たない所に糸端を処理します。楕円の底が編めました。

2.バックの側面を編む

側面の1段目はバックの底5段目の細編みの足を拾って細編みを編み入れます。編み図を確認しながら、始めの糸を付ける位置に気を付けてください。鎖目で立ち上がり、細編みの足にかぎ針を入れます。

針先に糸をかけて引き抜き、さらに糸をかけて細編みを編みます。

底から見ると並縫いのような糸が見えます。

引き続き細編みの足を拾って1段編みます。

底から見ると画像のようになります。

2段目からは前段の細編みの頭奥側1本を拾って、細編みのすじ編みを14段編みます。糸を変更するときは、変更する糸と編み糸両方の糸端を編みくるんでください。

3.バックの縁を編む

バックの縁は、編地の向きはそのままにして、左から右へ戻りながら編む「バック細編み」という技法で編んでいきます。立ち上がりの鎖1目を編み、かぎ針を反時計回りに回転して前段の細編みの頭にかぎ針を入れます。

糸の上から針に糸をかけ、そのまま手前に引き出します。

糸を引き出したところです。

針先に糸をかけ、針にかかった2つのループを引き抜きます。(細編みを編む)

2目めも同様にかぎ針を反時計回りに回転させて、細編みの頭に針を入れます。

糸の上にかぎ針をかけ、そのまま糸を引き出します。

さらに糸をかけて細編みを編みます。2目めが編めました。

このままグルリと「バック細編み」を編み、編み終わりは最初の1目めに針を入れて伏せ編みをします。

4.ボタンホールを編む

15段目の編み終わりから続けて鎖編みを15目編みます。

8目程先に引き抜き編みをして編み留めます。

続けて鎖編みの裏山を拾って伏せ編みを編みます。

鎖目の最後の伏せ編みを編んだら、編み終わりは閉じ針に通して目立たない所に処理します。外れないように少し長めに糸をくぐらせておくと良いと思います。

ボタンホールが出来ました。

5.持ち手を編む

持ち手部分をスレッドコードで編んでいきます。リボン結びをする分の両端を10㎝程度残して20㎝程コードを編みます。スレッドコードの編み方は以下のリンクを参考にしてください。

ダイソー刺しゅう糸「グリッターカラー」を使って「スレッドコード」で編むブレスレットの作り方

ストラップの金具を分解します。今回使うのは引っ掛ける部分とリングの部分だけになります。

ストラップの金具のリングにスレッドコードを通し、リボン結び用に残しておいた糸をバック側面の細編みの隙間から通します。かぎ針を使うと入れ易いです。

通した糸をリボン結びにし、ストラップの金具をもう一方の端へ引っ掛けます。リボン結びは簡単に解けないように固めに結んでください。リボンの輪をさらにもう1度結ぶと丈夫になります。

ボタンホールが付いていないバック側面の中央に、お好みのボタンを縫い付けて完成です。

「ミニグラニ―バック」と大きさを比較してみました。2倍ほど大きくなっています。

試しにリップを入れてみました。

すっぽりと入ります。

大き目のバックに付けてみました。良い感じです。

いかがでしたでしょうか?ミニバックを編むのが楽しくなってきたので、このシリーズどんどん増やしていきたいと思います。皆さまもぜひお好きな色で編んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました