鎖編みのコードで結ぶ「叶結び」の結び方

二重叶結びの結び方お守り

お守りに通している「叶結び」の結び方をご紹介します。

ちなみにお守りに通している「叶結び」は正式には「二重叶結び(にじゅうかのうむすび)」と言うそうです。2重に願いが叶うなんて素敵ですね。

では、結び方をご紹介します。

スポンサーリンク

「叶結び」の結び方

最初に鎖編みを120目程編みます。刺繍糸の長さは1m程度あれば大丈夫だと思います。

出来た鎖編みのコードを半分に折り畳み、向かって右側に画像のような輪を作ります。

出来た輪を、コードが重なった部分からそのまま上に折り畳みます。

続いて端2本のコードを持ち、裏側に回しながら右側に作った輪の裏から表に通します。

そのまま2本のコードを左側に折り畳みます。

左側の輪を作ります。最初に折りたたんだ箇所にコードを入れていきます。画像のようにかぎ針を使うと通しやすいです。

コードを2本とも引き出します。

次に、上の小さな輪にコードを通します。

本体を丸ごと裏返します。

中央のコード2本に端のコードを通します。ここでもかぎ針を使うと通しやすいです。

本体を表に返して形を整え、「叶結び」の完成です。

コードが柔らかいので慣れるまで少々難しく感じるかもしれませんが、かぎ針を要所で使うと結び易いです。今回のお守りシリーズはかぎ針編みにこだわりたかったので、鎖編みのコードを使用しましたが、リリヤーン等で結んでも可愛いと思います。参考にしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました