刺繍糸でかぎ針編み「だるまと富士山のお守り」の編み方

刺繍糸でかぎ針編み「だるまと富士山のお守り」の編み方お守り

刺繍糸を用いてかぎ針編みで編める手作りの「お守り」第2弾です。今回は縁起物の中から2種類「だるま」と「富士山」を組み合わせてみました。だるまは「七転び八起き」「無病息災」「家内安全」などと言われる縁起物です。だるまの色によっても意味合いが変わってくるそうです。富士山は初夢で見ると縁起が良いとされています。日本一高い山のパワーをいただきたいものです。

世界でただ1つのお守りを編んで大切な方にプレゼントしてみませんか?編み図と編み方をご紹介します。

スポンサーリンク

1.材料

お守り用の刺繍糸(8m程度) 2本

紐用の刺繍糸(1m程度)   1本

だるまの目、体、富士山の太陽用の刺繍糸 それぞれ50㎝程度

かぎ針 2号

※今回の本体はダイソーの刺繍糸2束2色を使って編みました。

2.編み図

画像をクリックしていただくとおおきくなります。鎖編みの作り目30目から始め、鎖編みを輪にして13段目までは編み図に従って糸の色を変えながら、細編みのすじ編みでグルグルと編んでいきます。14段目は輪を折りたたんで向かい合った前段の細編みの頭を2目拾って細編みを編み、15、16、17段目は細編みで減らし目をしながら編みます。

だるまと富士山のお守りの編み図

3.編み方

1.鎖編みを30目編み、作り目を輪にする。

最後にお守りの下を閉じるための糸を10センチ程度残して鎖編みを30目編み、最初の鎖目の裏山を拾って引き抜き編みをし輪にします。鎖編みがねじれないように気をつけてください。鎖編みをきつく編んでしまう方は作り目のかぎ針は3号を使用してみてください。裏山を拾いやすくなります。

2.1、2段目を編む。

立ち上がりの鎖目を1目編み、作り目の裏山を拾って細編みを編みます。段の編み終わりは編み始めの細編みの頭を拾って引き抜き編みをしてください。

2段目は立ち上がりの鎖目を1目編み、前段の細編みの頭奥半目を拾って細編みのすじ編みを編みます。2目めからは2色めの糸を編みくるんでいきます。細編みの頭奥半目を拾うときに、2色めの糸を手前に置き、編み糸を引き抜きます。

糸の色を変える時は、1つ前の細編みのすじ編みを編むときに色を変えます。まずは細編みの頭奥側半目に針先を入れます。

続いて針先に編んでいる糸をかけて、輪を引き出します。

続いて変更する糸でかぎ針にかかっている2つの輪を引き抜きます。

引き続き、編み図通りに糸の色を変えながら編み進みます。

3.4、5、6段目を編む

4段目からは「だるま」の模様を入れていきます。模様用の糸は長いと扱い辛くなるので、50㎝程度あれば大丈夫です。色を変える数目前から糸を編みくるんでいってください。

前段の細編みの頭半目奥を拾って針先を入れます。白い糸と青い糸を編みくるんで黄色い糸を引き出します。続いてかぎ針にかかっている黄色の2つの輪を青い糸で引き抜き、細編みのすじ編みを完成させます。

糸の色を変えつつ2本の糸を編みくるみながら「だるま」の模様を編みます。表面が編み終わったら、黄色い糸は下に引き出して休ませておいてください。引き続き裏側を白い糸と青い糸で編んでいきます。

5段目の黄色い箇所を編むときは、下に休ませておいた黄色い糸を再び引き出して編みます。糸を引きすぎて布地が引きつれないように気をつけてください。細編みのすじ編みの黄色い糸を引き出す時に、渡っている黄色い糸も一緒に編みくるみます。

以降編み図通りに糸を変えながら編んでいきます。5段目の表面が編めました。裏面を編む前に黄色の糸を休ませておいてください。

6段目を編むときも再び休ませておいた糸を引き出して編みます。裏からみると黄色い糸が斜めに渡っています。この糸を一緒に編みくるんでいきます。

6段目の表面が編めました。黄色い糸はこの先使わないので、数目編みくるんだ後見えない所に処理してください。

3.7段目以降を編む

黄色い糸を編んだ時と同様に糸を渡しながら、ヒゲと目を編みます。

裏の太陽も同様に編んでください。

お守りの表面「だるま」が編めました。

裏面「富士山」です。

上部は表面と裏面を合わせて両方の目を拾いながら、青い糸で細編みを編みます。白い糸は目立たない所に処理してください。編み図通りに減らし目をして、編み終わりは糸を切ってループに通し、糸を引いて引き締めます。目立たない所に糸を処理して完成です。

メッセージ等を入れる時はここで入れてください。

最初に残しておいた糸で下を縫い閉じて完成です。

表面です。

裏面です。

鎖編みを120目程編んでコードを作り、出来たコードで「叶結び」を作ります。「叶結び」の結び方は以下のリンクを参照してください。

鎖編みのコードで結ぶ「叶結び」の結び方

コードをお守りに通していきます。お守り上部の中央あたりにかぎ針を入れてください。

コードを引き抜いてお守りに通し、完成です。

縁起物お守り第2弾いかがでしたでしょうか?プレゼントする相手が好きな色を使って編んだり、願い事別に色を変えたりと、楽しみながら作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました