刺繍糸でかぎ針編み「風鈴のイヤリング」の編み方

刺繍糸でかぎ針編み「風鈴のイヤリング」の作り方アクセサリー

夏の耳元を涼やかに飾るアクセサリーを編みたくて、「風鈴」をイメージしてイヤリングに仕立ててみました。以前ご紹介した「傘のイヤリング」とほぼ同じ編み方になります。短冊が良い感じに揺れるイヤリングになりました。編み図と編み方をご紹介します。

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸(ベル部分) ・・・約2m

刺繍糸(短冊部分) ・・・約30㎝

イヤリングの金具、9ピン、丸環 ・・・各2個

ビーズ(パール(直径4mm)、丸小ビーズ) ・・・各2個

かぎ針 2号、刺繍針、糸通し

※今回は以下の道具を使って編んでいきます。刺繍糸は全て3本取りで編んでいます。

2.編み図

画像をクリックしていただくとおおきくなります。「わ」の中に「中長編み2目1度の玉編み」→「鎖編み2目」を6回編み入れ、「わ」を引き締めます。2段目は編み図の通りに前段の鎖編みをすっぽりと拾って「細編み」を12目編みます。3段目は減らし目をしながら「細編み」を編み、編み終わりは糸をカットしてかぎ針にかかっているループに糸端を入れて引き絞り、目立たない所に処理して完成です。2枚編んでください。

3.編み方

1.「ベル」の部分を2枚編む

まずは糸を3本取りにします。糸が細くなるので、きつく編みすぎないように注意してください。編み図の通りに「わ」の中に模様編みから編み始めます。

2、3段目は編み図の通りに細編みを編みます。編み終わったら糸端を目立たない所に処理し、お椀型になるように形を整えてください。

2.「短冊」の部分を2本編む

短冊はスレッドコードをで編んでいきます。糸は3本取りです。糸端を10㎝程度残して、鎖編みの作り目を1目編みます。

続いて、最初に残しておいた方の糸端をかぎ針にかけます。

そのまま編み糸でかぎ針にかかっているループを2本引き抜いて、鎖目を1目編みます。2目めも最初に残しておいた方の糸端をかぎ針にかけます。

再び編み糸で鎖編みを1目編みます。

以降同様に繰り返して、スレッドコードを全部で5目編みます。編み終わりは、最初に残しておいた糸端と編み糸を2本合わせて鎖目を編み、糸を引き抜きます。

3.「風鈴」を組み立てる

スレッドコードの数㎜上を玉結びします。ここにパールビーズを通すので、ビーズが留まるように大き目に結び目を作ってください。

糸通しを使ってパールビーズを通します。

ビーズが動かないように、ビーズの上を結びます。

続いて9ピンに「丸小ビーズ」→「風鈴のベル」を通します。

ベルを裏返して、丸ヤットコで9ピンの余分な部分をカットし、ピンの先を丸めます。

丸めたピンに短冊を結びます。短冊が取れないようにしっかりと結んでください。

ベルを元に戻して形を整えます。パールビーズがもう1サイズ大きくても良かったかなと思いつつ。。

出来た風鈴を丸環でイヤリングパーツに取り付けて完成です!

短冊の部分は和紙やリボン、マスキングテープ等で作っても可愛いと思います。皆さまもお好みで作ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました