かぎ針編み「カーネーション」の編み方

かぎ針編み「カーネーション」の編み方お花モチーフ

今回は母の日へ向けて「カーネーション」を編みました。小ぶりなモチーフなので、沢山編んでテーブルやユーティリティルームなどに飾っても可愛いと思います♪編み図と編み方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.材料

刺繍糸…(ピンク)約4m、(みどり)約2m50㎝、かぎ針3号、とじ針

※今回もダイソーで購入した刺繍糸を使って編んでいます。

カーネーションの花びらは、ふわふわ感を出すために刺しゅう糸を3本ずつに分けてから編みます。花びら1、2枚めは2mずつ、3枚めは糸を4m使います。

 

2.編み図と編み方

編み図をクリックしていただくと、画像が大きくなります。

花びら1枚めと2枚めは同じ編地になります。「わ」の中に「中長編み」+「鎖編み」を編み入れ、「わ」を引き締めてから2段め以降を編みます。編み終わりの糸は後程縫い付けるために使うので、カットせずに残して置いてください。

花びら3枚めは、2段めまでは同じ編み方になりますが、3段めでさらに増し目をしながら編みます。編み終わりの糸は後程縫い付けるために使うので、カットせずに残して置いてください。

がくは「わ」の中に5目「細編み」から編みはじめ、編み図にしたがい全部で5段編みます。がくも編み終わりの糸は後程縫い付けるために使うので、カットせずに残して置いてください。

 

1.各パーツを編む

編み図にしたがい花びら3枚、がくを1つ編みます。

がくの編み終わりの糸は、がくの中を通して出して置いてください。

 

2.1枚めの花びらを組み立てる

編み終わりの糸端を縫い針に通し、編地を通して2段めあたりから糸を出します。

2段めの「中長編み」の足を交互に拾いながら、

糸が「わ」になるように通してい行きます。

1周したら、糸端を引いて「わ」を引き締めます。花びらが画像のようにしぼむので、根本をグシグシと縫い付けます。

縫い終わったら、糸端を先から出して置いてください。

 

スポンサーリンク

 

3.2枚めの花びらを組み立てる

2枚めの花びらも、1枚めと同様に2段めの「中長編み」の足を交互に拾いながら「わ」になるように糸を通します。

糸を引き締める前に、2枚めの花びらの中心からかぎ針を通し、1枚めの糸端を2枚めの花びらの中心から引き出します。

すっぽりと入るまで糸端を引いてください。

花びらの位置が決まったら、1枚めの花びらの糸端を引きながら、2枚めの花びらに通して置いた糸端を引き、「わ」を引き締めます。

花びらを固定するように、根本をグシグシと縫い付けます。

縫い終わったら、糸端を先から出して置いてください。

 

スポンサーリンク

 

4.3枚めの花びらを組み立てる

3枚めの花びらも同様に、2段めの「中長編み」の足を交互に拾って「わ」になるように糸を通します。

3枚めの花びらの中心からかぎ針を通し、1,2枚めの花びらの糸端を引き出します。

位置を決めたら、

糸端を引きながら、3枚めに通して置いた「わ」の糸端を引いて、花びらをしぼめます。

位置を決めたら、花びらを固定するように縫い付けます。

全ての花びらを縫い終わったら、糸端をまとめて1つに結び、余分な糸をカットします。

カーネーションが編めました。

 

スポンサーリンク

 

5.「がく」を縫い付ける

残して置いた「がく」の糸端に、ぬい針を通します。

「がく」に花を入れて縫い付けます。

余分な糸端をカットしたら、カーネーションの完成です!

正面から見たところです。大きさは、直径約2.5㎝程度になります。

花飾りに仕立てる場合は、花を縫い付ける前に先を曲げたワイヤーを「がく」にセットし、

花を「がく」入れて縫い付けます。

以前作った「スイートピー」と同様に、メラミンスポンジをカットした中にえんぴつキャップを入れ、水引とともに飾りました。良い感じです♪

かぎ針編み「カーネーション」の編み方

えんぴつキャップ花瓶のお花飾りは、ちょこんと飾っておけるので個人的にお気に入りです♪簡単に編めるので、皆様もぜひ編んでみてください。

読んで頂いてありがとうございました。どなたかの参考にしていただけたら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました